国内

中学入試 巣鴨、世田谷学園、攻玉社など男子校人気復活の訳

男子進学校の人気復調が際立つ2020年中学入試(写真はイメージ)

男子進学校の人気復調が際立つ2020年中学入試(写真はイメージ)

 東京・神奈川では2月1日に解禁日を迎える私立中学入試。近年、共学や付属校の人気が続いていたが、今年の出願状況を見ると、男子校の志願者増が目立つという。いったいなぜなのか──。安田教育研究所代表の安田理氏がレポートする。

 * * *
 2020年度中学入試の出願動向を追いかけている中で、もっとも早くに顕著な動向として見えてきたのが、男子進学校の復調だ。ここ数年、共学志向、付属校志向が際立っていたが、今年は男子進学校への回帰がハッキリと見られる。

 中でも巣鴨、世田谷学園、攻玉社、早稲田は1月27日段階で前年より1割以上も増えている学校群だ。その背景を探ってみよう。

◆共学校から男子校にシフト?

 まず全体の動向に触れておきたい。1月27日段階で、都内の男子校で2月1日に入試を行う26校(全体では31校あるが、学習院、暁星、サレジオ、明大中野、立教池袋は最初の入試が2月2日)のうち、半数の13校が前年の最終出願者数を上回っていた。

 近年はほとんどの学校がWEB出願になり、1月31日の深夜まで出願を待つ家庭が増えているにもかかわらず、5日も前に前年の最終出願者数を上回った学校がこれほどあったのだ。

 難関校は締め切り自体が早い学校が多く、1月27日の段階ですでに締め切っている学校もある。麻布、海城、開成、駒場東邦、芝、桐朋、武蔵、早稲田、早稲田大学高等学院がそうだ。このうち前年の最終出願者数に達しなかったのは、麻布、芝、早稲田大学高等学院のみ。このように今年は全体的に男子校の出足が極めて好調だった。

 これに対して、1月27日段階で最終出願者数を上回っていた共学校の男子は、武蔵野大学、穎明館、文化学園大学杉並、八王子学園八王子、日本大学第二、工学院大学附属、日本大学第三、国学院久我山、淑徳、中央大学附属、成蹊、明治学院、かえつ有明くらいである。

 2月1日に入試を行っている共学校は78校あるから、比率で言えば17%。男子校の50%がいかに高いかが分かる。

 それにお気づきだろうか。上がった校名のほとんどが多摩の学校だ。多摩には男子校は桐朋と明法しかないから、比率的に共学校を志望しているとも見て取れる。多摩以外の区部も文化学園大学杉並、日本大学第二、国学院久我山と東京西部の杉並区の学校が多く、ほかは淑徳とかえつ有明しかない。

 つまり男子校の選択肢がいろいろある地区では、敢えて男子校を選んでいるように見えるのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン