芸能

井上真央に加藤茶夫妻も、創価学会系雑誌に登場の理由

井上真央が創価学会系の雑誌に登場(Imaginechina/時事通信フォト)

 滅多に取材を受けることのない人気タレントたちが、立て続けに“ある関連の雑誌”に登場している。まず2016年に事務所移籍後、メディア取材を受けることがほとんどなかった女優の井上真央(33)が、月刊誌『灯台』1月号(1月1日発行)に登場。出演映画『カツベン!』のエピソードを語りつつ、「『灯台』創刊58周年、おめでとうございます!」とのメッセージを寄せた。

 続いて雑誌取材を受けないことで知られる加藤茶(76)が、妻の綾菜(31)とともに『ワールドセイキョウ』春号(1月26日発行)でロングインタビューに応えた。

 この2つの雑誌は、いずれも創価学会が関係している。

「『灯台』は第三文明社、『ワールドセイキョウ』は聖教新聞社の発行で、いずれも学会系の雑誌です。井上さんは公言こそしていないものの母親が母子とも学会員だと週刊誌の取材に認めていますし、加藤さんはこのインタビューで〈ある時、『私、学会員なんです』と彼女から打ち明けられ、そこで『実は僕も』〉というやり取りがあったと明かしている。学会系メディアだからこそ、彼らは出たんです」(学会関係者)

 学会で芸術部などの役職を持たないタレントが学会員であることを公言するのは「組織利用」だという声が学会内にあり、これまでは学会系メディアに出ること自体、少なかった。『宗教問題』編集長の小川寛大氏はこう分析する。

「信者の世代交代に合わせて、学会は信仰の強化より社会に溶け込もうと内外にアピールする姿が目立ちます。揃って学会信者のナイツがテレビ番組(日本テレビ系『誰だって波瀾爆笑』)で母校の創価大学を案内したのも、創価大学の箱根駅伝であえて学会色を抑えた応援に終始したのもその表われ。こうした世俗化路線は今後ますます進んでいくのではないか」

※週刊ポスト2020年2月14日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン