• TOP
  • スポーツ
  • 羽生結弦、ファン注目「新ネックレス」は誰が贈ったものか

スポーツ

2020.02.28 07:00  女性セブン

羽生結弦、ファン注目「新ネックレス」は誰が贈ったものか

新たなネックレスが注目を集めた(Ph:Getty Images)

 2月9日、韓国・ソウルで行われた四大陸選手権で初優勝を果たした羽生結弦選手(25才)。男子史上初めてジュニア、シニアの主要国際大会の全制覇という快挙を達成した。このとき、演技以外にファンの注目を集めたものがある。首元で存在感を発揮していたネックレスだ。

「驚きました。ゆづのネックレスが突然、新しくなっていたんですから。新しい“羽”で飛び立とうとしていると感じました。それにしても私も同じものが欲しくて欲しくて…」(50代の羽生結弦ファンの女性)

「ファンの間では、どこで購入したものなのか、また“恩師”からのプレゼントなのかといった話で持ち切りです」(60代のファンの女性)

 注目を集めたネックレスは虹色とゴールドの羽根のモチーフを中心に、緑や黒などのパワーストーンを数珠つなぎにしたものだ。

「実は、羽生選手は、これまで違うものを長年つけていました。そのネックレスは昨年末の全日本選手権までつけていました。ひし形のペンダントトップがついた、存在感のあるネックレスですよ」(スケート連盟関係者)

 いつものネックレスとは、羽生選手を15年にわたり見守ってきた故郷の仙台(宮城)の整体師・菊地晃氏から贈られたもの。菊地氏は、“チーム羽生”の一員として試合に帯同するなど長年羽生を支えてきた。

「ペンダントトップのひし形のマークは、菊地さんの接骨院のシンボル。菊地さんが自ら念を込めたシールが貼られているんです。羽生選手は、菊地さんを恩師として尊敬していて、このネックレスをとても大切にしており、“なくてはならないもの”と話していました」(前出・スケート連盟関係者)

 それだけに羽生選手がネックレスをつけ替えたことはファンの耳目を集めたようだ。

「菊地さんとの関係性を指摘する声も確かにありました。実際、菊地さんは2年ほど前から“チーム羽生”を外れています。羽生選手のお母さんと菊地さんの関係があまりよくないと聞きました。でも、それ以降も羽生選手は変わらず同じネックレスを身につけていましたし、直接的な原因ではないと思います」(前出・スケート連盟関係者)

今年の2月からつけ始めた虹色とゴールドの羽根のネックレス(Ph:Getty Images)

 新たなネックレスは、羽生選手の決意の表れだという。

「羽生選手のお母さんが探してきたものだとか。いままでルーティンやジンクスを大切にしてきた羽生選手ですが、同じことをやっていても絶対王者の地位は守れない。もう一度新たにチャレンジしたいという思いがあってのことだったようです。

 四大陸選手権のとき、このネックレスを着用して素晴らしい演技となった。“よかった”と羽生選手はお母さんに感謝を述べていたとか。“もう一度羽ばたけますように”との願いがこもった新たなネックレスですが、今回はブランドに関しては口を閉ざしているようです」(前出・スケート連盟関係者)

 3月16日からの世界選手権でもこのネックレスパワーが発揮されるか。

※女性セブン2020年3月12日号

関連記事

トピックス