• TOP
  • ライフ
  • コロナ、トイレブラシ・枕・吊り革・エレベーターボタンに注意

ライフ

2020.03.11 16:00  女性セブン

コロナ、トイレブラシ・枕・吊り革・エレベーターボタンに注意

 忘れてはいけないのは比較的長い時間を過ごす寝室だ。

「特に布団はハウスダストなどとともにウイルスを舞い上がらせる危険がある。起床後の布団は、たたむのではなく、できればロール状に転がすように、やさしく丸めること。ウイルスは口や鼻から入るため、頭を置く枕には病原体がつきやすい。枕ごと上からバスタオルをかぶせるように敷いておき、毎日交換するなどの対策をしてほしい」

◆トイレブラシは使い捨てに

 トイレも掃除にコツがいる。

「家庭のトイレのドアには下部に隙間があり、換気扇を使うことで外のほこりが入り込んでしまう。さらに、トイレットペーパーの使用や衣服の着脱によってもほこりが大量に出るため、これを栄養として細菌が増殖しやすい。また、人間の糞便にも細菌やウイルスは含まれており、それをほこりがからめとる。トイレは病原体が集まりやすいのです」

 トイレのほこりは病原体の“運び屋”にもなる厄介者だというわけだ。

「電気のスイッチやドアノブ、便座、レバーなど手で触るような部分は水拭きでいいのでしっかりと拭いてほしい。現在品薄ですが、消毒用エタノールで拭ければなおいい。ただ、ゴシゴシ拭きすぎるのは禁物。病原体が微細な隙間に入り込んだり、せっかく拭き取ったものが逆戻りしてしまう。トイレブラシはウイルスや菌がついたまま収納することになり、病原体の温床にもなりかねない。使い捨てタイプがおすすめです」

◆キッチンは熱湯で消毒

 そして、キッチンだ。

「まな板やスポンジ、ふきんなどを湿った状態で放置すると細菌が繁殖するし、ウイルスも入りやすい。80℃以上の熱湯で消毒をすることが有効です。スポンジはスペアを用意してどちらか1つは常に熱湯消毒するのがいい」

 スプレー式のまな板除菌剤も市販されているが、それよりも洗浄することが大切だ。

◆つり革はきき手でない方で持つ

関連記事

トピックス