• TOP
  • スポーツ
  • 東京五輪1年延期ならサッカー森保一監督の更迭が現実に?

スポーツ

2020.03.13 07:00  週刊ポスト

東京五輪1年延期ならサッカー森保一監督の更迭が現実に?

「TOKYO2021」に?(写真/SPUTNIK/時事)

 新型コロナウイルスの感染が収束に向かわなければ東京五輪を1年後に延期してはどうか──国際オリンピック委員会(IOC)の委員からは、そうした提案も言及されている。様々な影響が考えられるが、23歳以下という年齢制限がある男子サッカーは、仮に1年延期となった場合、出場できるのが「23歳以下」なのか、「24歳以下」に変更になるのかでメンバー構成が大きく変わる。

 23歳以下というレギュレーションのままだと、DFの渡辺剛(23)、MFの田中駿汰(22)、遠藤渓太(22)、FWの小川航基(22)らが出場できなくなる。

「攻守の要の遠藤、ワントップで起用されてきた小川が抜けると痛い。また、延期で浮上するかもしれないのが監督人事だ。AFC・U-23選手権でグループリーグ敗退となった原因は、フル代表との兼任の森保一監督という声が協会内で出ている。

 本番まで時間がないから続投という判断になっているが、1年延びたら更迭が現実になるのではないか。横内昭展・監督代行の昇格はあり得る」(サッカー誌記者)

 仮に東京五輪の1年延期が現実のものとなった時、日本サッカー協会はどういう判断を下すのか。

※週刊ポスト2020年3月20日号

関連記事

トピックス