• TOP
  • 国内
  • コロナ第2波襲来も 新型インフルは感染者数公表中止の過去

国内

2020.04.01 07:00  NEWSポストセブン

コロナ第2波襲来も 新型インフルは感染者数公表中止の過去

新型インフルエンザ発生に伴い、成田空港で機内検疫に向かう検疫官(2009年5月/時事通信フォト)

新型インフルエンザ発生に伴い、成田空港で機内検疫に向かう検疫官(2009年5月/時事通信フォト)

◆新型インフルでは感染拡大の「第2波」が襲来

 新型インフルエンザは、単に感染が拡大して、ピークを迎え、そして収束していったわけではない。多くの国で「第1波」の感染拡大のあとに「第2波」がおとずれたのだ。

 たとえば、アメリカの感染の推移をみると、6月中旬にいったん新規感染者の発生がピークを迎えた。その後、徐々に減少して収束するかにみえたが、9月に入るころ、再び増勢に転じた。感染の第2波の襲来だ。10月後半におとずれたピーク時には、第1波のピークを2倍以上も上回る新規感染者を出した。

 なぜ、2回感染拡大の波が来たのか? 感染症の研究者は、以下のような様々な説を立てて検証している。

【夏休み説】
 ある説では、子どもの感染の仕方に関係があるという。新型インフルエンザは若年者、とくに子どもたちの感染が多かった。ふつう、アメリカでは6月から8月終わりまで夏休みだ。これが幸いして、子どもたちの感染拡大が収まっていた。それが9月以降、学校が始まったために、再び感染が拡大したというものだ。

 今回の新型コロナで、日本政府は3月2日から春休みまで小中学校、高校、特別支援学校を臨時休校とするよう要請した。この説が当てはまるとすれば、学校を休みとしたことで、ある程度、感染拡大が抑制できたのかもしれない。

【突然変異説】
 別の説では、遺伝子の突然変異の発生が原因だという。感染症を引き起こすウイルスは、DNAまたはRNA、どちらかの遺伝子を持っている。新型インフルエンザウイルスは、RNAを持つタイプだ。

 じつは、RNAを持つタイプのウイルスは遺伝子の突然変異が起こりやすい。RNAの遺伝子は、複製時に組み換えやエラーが出やすいことや、複製のスピードが速くて変異体が生じやすいことが、その理由といわれている。この突然変異によって、ウイルスの感染力や毒性が増強されたために、第2波が起こったというものだ。

 新型コロナウイルスも、RNAの遺伝子を持つタイプだ。ただ、このウイルスの特性は、まだ未解明な部分が多い。いずれ突然変異の起こりやすさについて、研究結果が公表されるかもしれない。

【複数集団説】
 さらに別の説では、年齢構成、居住地、免疫特性などの面から、国民がいくつかの集団に分かれていたためと説明する。つまり、第1波がある集団で感染を広げた後、第2波が別の集団を襲ったというものだ。この説に従えば、新型コロナでも、何回も感染拡大の波が襲ってくる可能性が出てくる。

 どの説が正しいかはともかく、注意すべき点は、アメリカでの新型インフルエンザの感染拡大では、波が2回襲来したということだ。今後、新型コロナの感染拡大がいったん収まったとしても、第2波がくる可能性は否定できない。感染症との闘いにおいては、敵はかなりしぶとい、と考えておいたほうがよいだろう。

関連記事

トピックス