国内

皇室もコロナの影響 天皇陛下ジョギング自粛、園遊会中止か

陛下はジョギングを自粛されているという(写真/時事通信社)

「天皇陛下はほぼ毎週末、ジョギングされるそうです。かなり走り込まれていて、屈強な護衛官でさえついていくのがやっとのスピードだといいます。しかし、東京都が不要不急の外出を控えるように要請した3月末の週末、陛下はジョギングを自粛されたそうです」(宮内庁関係者)

 都内有数の桜の名所である皇居東御苑(東京・千代田区)が、3月28日から当面の間、臨時休園になった。1990年に大嘗祭の準備のため長期休園して以来、実に30年ぶりのことだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大は皇室にも暗い影を落としている。

「毎年恒例だった皇居乾通りの春の一般公開は見送られ、皇居の一般参観も当日受付を休止。皇居内にある博物館『三の丸尚蔵館』は休館しています。

 さらに、5月下旬に予定されていた『春の園遊会』も中止になるとみられています。いまは招待者名簿の準備を進める時期ですが、とても招待状を送れる状態ではないでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 最も影響が大きいのは、秋篠宮家に控えている重要儀式だろう。

 4月19日には、秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の「皇嗣」となられたことを内外に知らせる「立皇嗣の礼」が予定される。しかし、祝宴にあたる「宮中饗宴の儀」は中止され、中心儀式の「立皇嗣宣明の儀」は参列者が350人から50人ほどに絞られた。また、儀式が行われる皇居から、お住まいである赤坂御用地までの車列も簡素化されることが決まった。

「規模を縮小したとしても、多数の人が密集する儀式の場は『クラスター(感染者の集団)』が発生する可能性がある。出席者は皇族や閣僚、首長など要人ばかりで、一層の警戒が必要です。政府官邸の判断次第では、『立皇嗣の礼』そのものの延期もないとは言い切れない状況です。秋篠宮さまは儀式のためか、よくたしなまれていたお酒を最近は控えていると聞きます」(皇室ジャーナリスト)

 もし「立皇嗣の礼」が行われたとしても、その後に予定される伊勢神宮(三重県)や、神武天皇陵(奈良県)、昭和天皇陵(東京都)への参拝の実施は難しいとみられている。

「皇嗣となられた秋篠宮さまをひと目見たいと市民が沿道に集まれば、それもクラスターの危険地帯。もし政府から緊急事態宣言が出れば、地方への参拝を行うことは不可能でしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年4月16日号

重要儀式を控える秋篠宮さま(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン