• TOP
  • 芸能
  • NHK桑子アナと和久田アナ 「朝夜でお国替え」の勝敗は?

芸能

2020.04.06 07:00  週刊ポスト

NHK桑子アナと和久田アナ 「朝夜でお国替え」の勝敗は?

桑子アナは朝に移動(NHK「おはよう日本」より)

 報道番組が新型コロナ一色のなか、NHKエースアナの“異色のトレード”が行なわれた。3月30日、夜の「ニュースウオッチ9」から朝の「おはよう日本」に“異動”した桑子真帆アナ(32)は、高瀬耕造アナ(44)とコロナ対策で一定の距離を保った状態で登場。

「お出かけ前のアップデート、そのお手伝いができたらと思っています」と抱負を語った。

 同日、「おはよう日本」から「ニュースウオッチ9」のキャスターになった和久田麻由子アナ(31)は「今日からこの時間は私、和久田が担当します」と簡単な挨拶を済ませると、さっそく東京五輪のニュースを伝えた。

 それぞれの“初登場”は、視聴率で大きな差がついた。NHK関係者が言う。

「和久田の『ニュースウオッチ9』は12.4%で、桑子が担当した前の週の同じ曜日の12.9%とほぼ変わらず。一方、桑子の『おはよう日本』は6.3%で、前の週の和久田の12.7%から半減した。その日のニュースによっても左右されますが、先輩の桑子のほうが苦しいスタートとなりました」

「紅白歌合戦」の司会を2017、2018年に桑子、2019年は和久田が務め、ダブルエースとして並び立つ両者。水色のワンピース姿で華やかな雰囲気の桑子アナと、シックな髪型と服装でキャスターらしさが板についた和久田アナとは対照的だった。

関連記事

トピックス