• TOP
  • ライフ
  • コロナで医療崩壊危機 一般患者はトリアージで後回しに

ライフ

2020.04.06 07:00  週刊ポスト

コロナで医療崩壊危機 一般患者はトリアージで後回しに

「現在、政府は国の威信をかけて新型コロナ患者の命を救おうとしています。しかし医療資源には限りがあり、その裏では一般の患者が病院を追い出されたり、手術や治療を後回しにされるケースが出てきています」

 トリアージで“後回し”にされる可能性が高いのはどんな患者か。

「多くの感染者・死者を出したイタリア、スペインなどの諸外国では、最も病気にかかりやすく、ケアが必要な高齢者が後回しにされるケースが相次ぎました。今後、日本の医療機関でも、新型コロナ以外の重病患者が、病気や病院の受け入れ体制次第で必要な医療が受けられなくなる可能性がある」(上医師)

 医療現場や介護現場でいま、何が起きているのか。厳しい現実から目を背けてはならない。

※週刊ポスト2020年4月17日号

関連記事

トピックス