対人距離に加え、マスクに対する考え方も異なります。「目元/口元理論」というのがあって、「欧米人は口元で相手の感情を推察するので、サングラスは気にしなくてもマスク姿を不気味に感じる。アジア系は目元で感情を読み取れるので、サングラスを怖いと思うがマスクは気にしない」とされます。また欧米の言語は破裂音が多く、飛沫の飛び方が異なるという見方もあります。どちらも研究によって証明されているわけではありませんが、説得力はあると思います。

 東洋と西洋の気質や生活習慣、文化的な違いが、感染拡大の勢いの差にあらわれているのではないでしょうか。

◆累積死亡者チャートは強力な「予測ツール」

 国別の状況を比較するには、感染者数より死亡者数をみるのが確実です。感染者数は国ごとの検査のやり方で変わりますが、東アジアや欧米であれば、病院は院内感染を防ぐためにも、肺炎で入院した患者をすべて検査するはずです。死亡者数はごまかしようがないのです。

 死亡者数の特徴は、遅行指標だということです。潜伏期間を5日、発症・入院から死亡までを平均14日とすると、現在の死亡者数は19日前の感染状況を反映していることになります。医療崩壊を起こしたイタリアでは、平均して入院から8日で死亡していると報じられましたが、この場合は13日前の状況を反映しています。

 ロックダウン(都市封鎖)しても、それ以前の感染者数は変わりませんから、2~3週間は入院数も死亡者数も増えつづけ、効果が現われるまで20日間程度かかります。つまり、2~3週間後の未来(死亡者の人数)をほぼ確実に知ることができます。累積死亡者チャートは強力な「予測ツール」なのです。

 日本は感染者数が増えていますが、死亡者はそれほど多くありません。その理由も、死亡者数が遅行指標だということで説明できます。また、感染者数が減り始めてから死亡者数の減少が確認できるまで3週間程度かかるので、いったんロックダウンするとすくなくとも1か月は解除できません。

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン