国内

富山の10代人工妊娠中絶が激減、産婦人科医の“出張授業”の内容

なぜ富山市では20才未満の中絶が減ったのか

 掲載したグラフを見てほしい。富山市における10代の人工妊娠中絶率はこの5~6年、女子の人口1000人あたり1人前後の割合で推移している。全国平均は6人前後で、福岡県や沖縄県などは10人前後。いかに富山市の数値が低いかがわかるだろう。

 しかし、10年ほど前は7人前後と、現在の倍以上の数値を記録していた。急激に減った背景には何があったのか。

「1990年代末期以降、子供たちの性が商品化されました(女性が金銭などを目的として交際相手を募集し、性行為などを行う売春の一形態である「援助交際」や、女子高生の中古の制服や体操服、靴下、下着などを販売する「ブルセラショップ」などの流行を指す)。

 一方で学校や家庭で性教育がほとんどなされてこなかったため、全国で人工妊娠中絶が急増。多くの中・高生には、“1回の性交で妊娠する”という認識はなく、さらに、性感染症予防や避妊の知識もないまま、性交経験率が上がりました。そこで、私たち産婦人科医と富山市は協力し、1991年から性教育の出張授業を始め、性の健康教育を浸透させていったのです」

 そう教えてくれたのは、産婦人科医の種部(たねべ)恭子さんだ。

◆性交に危機感がない10代が増加

 そもそもなぜ、学校で性教育が行われなくなったのか。それは1997年の「七生養護学校事件」が発端になっている。

 この事件は、都立の養護学校の教員と保護者が協力し、知的障がいを持つ子供に対する独自の性教育プログラムを開発したことに始まる。障がいを持つ子供は性暴力被害に遭いやすい。だから障がい児にも理解できるよう、性器の部位や名称などを具体的に盛り込んだ歌や、人形を使った授業を行ったのだ。これは、ほかの養護学校からも授業に取り入れたいと好評だった。

 しかし、当時の都議会議員が、その授業内容を「常識とかけ離れた教育」「不適切」などと批判。マスコミの多くも、「都内の公立小中学校や養護学校で不適切な性教育が行われていた」などと報道したことから、性教育が“子供には刺激の強いもの”として、タブー視されることになったのだ。

 それ以降は、前述の通り、文部科学省の学習指導要領から、「性交」や「避妊」という言葉が消えた。男女の体の違いや、排卵や生理の仕組みを教えても、肝心の「妊娠はどうして起こるのか」は、教えられなくなったのだ。

「2000年代は、学校で避妊や妊娠が起こる仕組みについて教えると、保護者などからバッシングを受けることもあり、授業内容が萎縮していったと聞きました。
 こうして日本は、性教育後進国になっていったのです」(種部さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン