芸能

貫地谷しほり 30代を迎えてから仕事との向き合い方に変化

演技も私生活も円熟を迎えた朝ドラ女優

 カットの声が響くと、即座にモニターの前に行き、真剣な表情で演技を確認する。張りつめた空気の中、貫地谷しほり(34)はドラマの撮影に挑んでいた。主演ドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(放送日未定・NHK)では、悪質なクレーマー患者に悩まされながらも成長していく内科医を演じる。

「本当にこんな酷い患者さんがいるのかなって思うシーンがいくつもあるんです。でも医療監修の先生は『いいですねー、こういう人います』とおっしゃるので、もうびっくり(笑い)。日々、医療現場の過酷さを感じています」

 芸能界に入ったきっかけは、スカウトだった。当時中学生だった貫地谷は、歌手と女優の違いさえわからなかったと話す。

「仕事を始めてからドラマを見るようになったくらい、芸能界に疎かったんですよ。小柄だからモデルは無理だし歌も歌えないけど、女優なら努力すればなれるかもしれないと、消去法で決めた感じで(笑い)。甘い考えでしたね」

 気さくに笑顔で話しながらも凛とした空気をまとい、女優としての揺るぎない自信と意志の強さを感じさせる。だが、昔からそうだったわけではない。自らを「勉強や運動が特別できたわけでもなくて、人に褒められることがない子だった」と振り返る。

「初めて褒められたのがお芝居だったんです。伊藤正次演劇研究所(現:Ito M studio)でお芝居を学んでいた高校生の頃、伊藤先生から『演技は大丈夫。それよりも女優になるんだから、下を見ずに人にどう顔を見せるかを考えなさい』と言っていただいた。褒められたと思った私は嬉しくて、そこから私にもできるかもしれないと自信を持てるようになったんです」

真摯に患者と向き合う医師を演じる

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン