• TOP
  • 国内
  • ウイルス制圧の4テーマ 新型コロナはどこまで解明できたか

国内

2020.04.30 07:00  NEWSポストセブン

ウイルス制圧の4テーマ 新型コロナはどこまで解明できたか

【2】それは何をするのか

 そもそもウイルスは自己増殖できないため、動物の細胞に取りついて宿主に寄生することで生きながらえる。新型コロナウイルスも、人間の目や口、鼻などの粘膜から細胞に侵入し増殖する。初期症状としては、喉の痛みや倦怠感が出るとされる。

 ウイルスに感染した体内では免疫系が働き、体温を高めてウイルスを退治しようとする。ウイルスは熱に弱いからだ。その結果として発熱が起こる。せきやたん、くしゃみや鼻水が出るのも、ウイルスを体外に出そうとする体の働きによるものだ。

 今回の新型コロナウイルスに特異な症状としては、初期症状として味覚や嗅覚に異常が現れるケースがある点だ。やがて肺炎を発症し、せき、呼吸困難といった症状が出るケースが多いが、新型コロナウイルスの場合は一般的な細菌性肺炎とは異なり、両方の肺に一度に炎症が出る重症化例が報告されている。

【3】それはどこから来たのか

 新型コロナウイルスの遺伝子配列はコウモリ由来のSARSウイルスに酷似しているため、同様にコウモリが由来と考えられている。人から人への感染経路としては、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられている。

 飛沫感染は、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、ウイルスが粘膜の細胞に入り込むことで感染する。

 接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付着する。未感染者がその部分に触れるとウイルスが手につき、その手で目をこすったり、傷口に触れたりして、あるいは口や鼻の粘膜から入り込んで感染する。物にくっついた新型コロナウイルスが死滅するまでの時間は、物の材質によって違い、3時間から数日かかるとされている。

 体内にウイルスを取り込んでも症状が出るとは限らない。体の免疫系が正常に働いてウイルスの増殖を防いだ場合は、症状が出ないまま完治してしまう。そのため、潜伏期間(ウイルスを体内に取り込んだものの症状が現出しない期間)は最大で2週間程度と考えられている。

関連記事

トピックス