• TOP
  • 国際情報
  • 武漢封鎖で抗議デモの女性指導者逮捕、市民が激しく政府批判

国際情報

2020.05.03 07:00  週刊ポスト

武漢封鎖で抗議デモの女性指導者逮捕、市民が激しく政府批判

政府批判が止まない

 新型コロナウイルス感染の震源地といわれる中国湖北省武漢市近郊の応城市では3月中旬、都市封鎖のため、新鮮で安い食料が手に入らないことに不満を抱いた住民が2回にわたって政府関係者の無策ぶりに抗議するデモを行った。その女性指導者が4月初旬、当局によって逮捕されたことで、インターネット上で激しい政府批判が展開されていることが分かった。

 女性指導者は今後、治安を乱したなどの容疑により、裁判で懲役5年以上の実刑判決が下される可能性もあり、住民らは抵抗運動を準備しているという。

 中国のSNS「微博(ウェイボー)」によると、応城市では1月下旬から3月までの都市封鎖措置で、住民は外出もできず買い物に行けないため、食料調達は地区政府が用意した食材などを買うしか方法がなかった。

 しかし、同市海山地区の集合住宅に住む一人の住民はこう地元警察に通報したという。

「地区政府が提供した野菜の保存状態が悪く、値段が高いことに不満を持ち、自ら業者から野菜を仕入れ、他の住民に安い値段で売ったという。これを知った地区政府当局者は「住民が党の指導に背いている」

 こうしたこともあり、警察は野菜を仕入れた住民を拘束した。このニュースはすぐに地区住民が知るところとなり、100人以上の住民は3月12日夜、街頭に出て警察署の前で抗議行動を起こした。これらの住民を組織したのが、「曽」という名字しか明らかにされていない40代の女性だった。

関連記事

トピックス