• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】薬丸岳氏 轢き逃げの加害者を描く『告解』

ライフ

2020.05.04 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】薬丸岳氏 轢き逃げの加害者を描く『告解』

薬丸岳氏が満を持して放つ『告解』を語る

【著者に訊け】薬丸岳氏/『告解』/講談社/1650円+税

 冒頭に〈父に、母に〉と献辞のある薬丸岳氏の新作『告解』は、「私にしては珍しく、ラストに至るまでほぼ一晩で一気に物語の骨格ができた作品」だとか。

「実は昨年、父を亡くしました。その父親と同年代の老人が、過失とはいえ人の命を奪ってしまった若者に何を伝えようとしたのかという、最後のシーンがしっかり目に浮かんだんです」

 発端は平成21年11月21日深夜。高熱を出した夫のために雨の中、近所まで氷を買いに出た埼玉県上尾在住の主婦〈法輪君子〉81歳が車に轢かれ、200メートル近く引きずられて死亡した。悪質なひき逃げ事件だった。

 やがて犯人は、バイト帰りに酒を飲み、帰宅後に父親の車で再び外出した〈籬翔太〉20歳と判明する。だが、名門・京北大に通う彼は轢いたのを〈人だとは思わなかった〉と弁明。結局執行猶予は認められず、実刑4年10か月が確定するが、世間は翔太の父親が人気教育評論家〈籬敬之〉とあって一家を徹底的に糾弾した。

 自分にすら言い訳を重ね、逃げてばかりの翔太を主人公に、著者初の加害者視点に挑んだ本書では、法による罰や報いを超えた真の贖罪の形をも問う。

 少年法の限界と問題点を問い、大きな話題を呼んだ乱歩賞受賞作『天使のナイフ』から15年。「罪と人」を巡る、重く過酷な現実からも目を背けない真摯な姿勢は、読者からの信頼も厚い。

関連記事

トピックス