• TOP
  • 芸能
  • 元AKB48北原里英 “お人好しすぎる性格”が今は武器

芸能

2020.05.17 16:00  NEWSポストセブン

元AKB48北原里英 “お人好しすぎる性格”が今は武器

女優としての活躍に期待(時事通信フォト)

 アイドルグループAKB48およびNGT48の元メンバーである北原里英が、女優として着々と出演作を増やしている。5月17日夜放送の連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜22時30分〜)には、主人公・明智五郎(中村倫也)とお見合いする社長令嬢役で出演することが発表済み。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、各局のドラマが放送延期に陥る中でも話数を重ねている貴重な作品であるだけに、北原の演技も注目を集めることだろう。

 北原は、48グループのファンなら誰でも知っている存在だったとはいえ、お茶の間の誰もが知るアイドルだったとは言えないかもしれない。しかし、彼女は48グループのメンバーとしてはエリートコースを歩んできた。

 北原は2007年、AKB48に第5期生として加入。劇場デビューからわずか4か月での超スピード昇格、デビュー1年足らずでの選抜メンバー入りを果たし、次世代エース候補として大きく注目を集めた。2011年には、大島優子、指原莉乃、横山由依と4人組ユニット・Not yetを結成し、デビューシングル「週末Not yet」はオリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。

 輝かしい経歴を持つ北原だが、それでもあと1歩のところで“神7”入り(*注)を果たすことは叶わなかった。その理由には、和を重んじる性格もあるのかもしれない。

【*注:神7/かみせぶん・なな。2009〜2018年まで毎年行われた『AKB48選抜総選挙』において上位7位までに入ること】

 2015年7月に放送された『AKB48裏ストーリー』(CS放送「TBSチャンネル1」)では、スタッフやメンバーから「器用」「すごく良い子」と人柄を絶賛される一方で、「優しすぎるところがある」「自分のことは二の次。人のためを思って行動している」とお人好しすぎる性格を指摘されてもいた。実際に北原自身も「性格的に無理ですからね。他の人を蹴落としてまで上に行こうと全く思わない」と吐露していた。

 しかし、グループ全体を見渡して気配りする人柄だからこそ、北原に対する運営側の采配には厚い信頼が感じられる。2015年にNGT48が結成された際はキャプテンに任命され、芸能界に飛び込んだばかりの年下のメンバーたちを励まし支えた。その功績がファンにも認められてか、最後の総選挙と挑んだ2017年の『第9回AKB48選抜総選挙』では、自己最高の第10位にランクインした。

関連記事

トピックス