• TOP
  • 芸能
  • TOKIOの動向が不安定、長瀬智也がもたらした波紋と今後の動向

芸能

2020.05.28 07:00  女性セブン

TOKIOの動向が不安定、長瀬智也がもたらした波紋と今後の動向

ジャニーズ退所報道のある長瀬。今後は?(時事通信フォト)

「外出自粛中は、同じマンションに住む、ファッションデザイナーの友人の家と自宅を行き来しているようですよ。テイクアウトした食事をしながら、忙しいときは見られないような海外ドラマをイッキ見したりしているようです」

 こう話すのは、TOKIO・長瀬智也(41才)の知人だ。

 TOKIOファンは目下、長瀬の動向に注目している。今年2月、『週刊文春』(2月27日発売号)が、「2021年4月にジャニーズ事務所を退所し、TOKIOも解散」と報じると、それ以降、ネガティブな情報が続いているからだ。

 4月に入ると、この報道を裏付けるような“友人”の証言が飛び出した。

 かつて『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で共演し、息の合ったコンビを演じた窪塚洋介(41才)は、4月15日にインスタライブを開催。ワインボトルをラッパ飲みする“おうち時間”を披露しながら、「長瀬くんもジャニーズ引退するって言ってたよ」とさらりと言ってのけたのだ。

「昨年秋に長瀬さんは窪塚さんのインスタグラムに登場しています。2人がいまも友人なのは事実なので、泥酔した窪塚さんの“悪ノリ”だと言い切れない可能性もあります」(芸能関係者)

 さらに、事件は続く。5月13日、コロナ禍の特別体制で放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の総集編で、城島茂(49才)だけが収録に参加し、ほかのメンバーにアポなしで電話をかけるという企画でのことだ。

 長瀬は、TOKIOのもう1つのレギュラー番組『ザ!鉄腕DASH!!』(日本テレビ系)にも、3月29日に出演したきり、2か月近く姿を見せていなかったこともあり、久々の登場が期待されていた。

 しかし松岡昌宏(43才)と国分太一(45才)がそれぞれ電話に出て、ドラマ撮影のための体形管理や子育てについて近況を語る中、長瀬は電話にすら出なかったのだ。

「さすがにほかのメンバーたちも長瀬さんの行動にあ然としたようです。“仕事中で電話に出られませんでした”とテロップが出ましたが、アポなしとはいえ、これだって仕事のはずで、“ボイコットしたのか?”と言う人までいたそうです。

 翌週20日の放送にはリモート出演し、ヒゲがもみあげからアゴまでつながった熊のような風貌を披露し、メンバーを驚かせました。国分さんが、長瀬さんに“ご飯、大丈夫なの?”と聞いていて、本当に久しぶりに顔を合わせたんだなって。長瀬さんの奔放ぶりにメンバーやスタッフは笑っているようですが、内心、青ざめているのでは?」(テレビ局関係者)

 ファンの不安がピークに達したのが、ジャニーズ事務所がコロナ禍に結成した期間限定ユニット『Twenty★Twenty』(略してトニトニ)への不参加だ。

「亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)の意向を汲み、滝沢秀明さんの呼びかけで実現したものです。トニトニという名称も、ジャニーさんが考えたもので、もともとは東京五輪のために結成されるはずでしたが、こうした状況になり、五輪も延期になったため、エンターテインメントで社会貢献をしようと発足しました」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス