• TOP
  • 芸能
  • 「新垣結衣こそ菩薩である」 好調『逃げ恥特別編』が証明か

芸能

2020.06.06 16:00  NEWSポストセブン

「新垣結衣こそ菩薩である」 好調『逃げ恥特別編』が証明か

アンチがいないタイプ(時事通信フォト)

 SNSの普及、握手会などイベントの浸透もあってスターとファンの距離感が変わったなか、比類なき形で支持を受けている女優が新垣結衣である。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が考察した。

 * * *
 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の再編集バージョン『ムズキュン!特別編』(TBS系火曜午後10時)が放送されているさなか。第1話~3話までの視聴率がすべて2桁に乗った。ツイッターの世界トレンドでも1位になった。その根強い人気にはびっくり。ドラマはすでに何度か再放送されてきたというのに、飽きられるどころか繰り返すごとに好感度を上げていく。その秘密とは何なのでしょうか?

 まずは脚本・舞台設定の巧さがありそうです。

「未婚」「晩婚化」といった社会のリアルを捉えた上で「契約結婚」というユニークなテーマを設定。結婚を「仕事」としてとらえてみる、という視点の新鮮さがいい。恋愛下手な二人が契約関係から入って次第に恋愛関係になっていくプロセスには、ムズムズして思わずキュンとさせられる。

 演出の遊び心も光っています。ガッキーのコスプレ的シーンを随所に挿入するなど、視聴者を喜ばせる術が多彩。ステイホームと恋ダンスの相性の良さはピカ一ですが、そこへ新たなリモート映像を加えたり新カットを散りばめたりと、「特別編」においてもさらなる魅力を開花させました。

 でも、何といってもこのドラマの一番の魅力は、やはりガッキーの存在ではないでしょうか? 主役・みくりを演じている新垣結衣さんは男も女も「好き」と口を揃えて言う、今や希有な存在です。

「結婚発表をしたら最も“ロス”を感じると思う女性芸能人ランキング」や「恋人にしたい女性有名人ランキング」でも1位となり、CMも引っ張りだこ、高い好感度を維持し続けている国民的女優。常に全方位外交というのか、右から左までをすくい取とってしまうその安定感には驚かされます。

 どうしてガッキーにはアンチが湧かないのでしょう? なぜ、老若男女がこぞってガッキーという存在を肯定的に受け入れるのでしょうか? 

 ガッキー・ファンを自称する中年男性は「とにかく透明感。汚れた世界の中でも、清らかに咲く花のよう」と言う。「ガッキーには今どき珍しい(?)控え目さがあるから」という指摘も聞きました。

「例え喧嘩になったとしても、ガンガン言い返して男のメンツをつぶすようなことは決してしなさそうだから」。なるほど納得。傷付きやすいナイーブな男性陣にとって、ガッキーとはまさしく優しく包み込んでくれそうな癒やし的存在なのでしょう。

番組公式HPより

 では、女性ファンは? 「へんにハシャいだりせず、媚びたりもしないから」「自然体なので女からも支持される」という意見を耳にしました。たしかに化粧は濃くないし、声も黄色く裏返らないし、シナも作らない。自然体とは言っても何も考えてないのではなく、きちんと自分というものを持っていそう。落ち着いてフラットな印象が、女性視聴者の支持を集めるゆえんかもしれません。

 例えば「SNSをしないんですか」という記者からの問いかけに、「映える毎日を送ってないんですよ本当に。見せたいものがない」「たいした毎日送ってないので。寝てばっかりになっちゃうので」とコメントするあたりも自然体のガッキーらしさが滲み出していました。

関連記事

トピックス