• TOP
  • 芸能
  • 24時間テレビ、中居正広がマラソン挑戦? 嵐と共演の可能性

芸能

2020.06.12 16:00  女性セブン

24時間テレビ、中居正広がマラソン挑戦? 嵐と共演の可能性

買い物を終え都内のスーパーから出てくる中居正広

 前夜から早朝にかけて降り続いていた激しい雨がやみ、さわやかに晴れた6月の週末のお昼過ぎ。都内の老舗スーパーで、慣れた手つきで買い物をする中居正広(47才)の姿があった。

 今年3月にジャニーズ事務所から独立した中居はマイペースな生活を送る。新型コロナウイルスの影響で「仕事がない」とこぼしてはいるが、それでも中居ほど仕事が順調なテレビタレントはそういない。おまけに、夏に向けてビッグな企画が進行中だという。

「『24時間テレビ』(日本テレビ系)のマラソンランナーの候補として、中居さんの名前が挙がっているんです。しかも、嵐と共演するといわれています」(芸能関係者)

 果たして走るのか、共演はあるのか。買い物を終えた中居に質問をぶつけると――。

 *
 日本を盛り上げたい。中居はそんな気持ちを抱いているという。

「四半世紀にわたりテレビ業界を支え、引っ張ってきた中居さんにとっても、今回のコロナパニックは未経験の事態でした。多くの芸能人やテレビスタッフから、このままでは生活が成り立たないというSOSが届き、“自分に何かできないか”という気持ちが強くなっているそうです」(テレビ局関係者)

 テレビ業界に「中居組」と呼ばれるスタッフたちがいるのは、知る人ぞ知る話だ。中居は、自分がメインでかかわる番組のスタッフたちを何より大切にし、彼らの仕事を作るためにも、できるだけ長く番組を続けようと励んできた。そんな中居にとって“再放送だらけ”のテレビ業界を眺めるのは断腸の思いに違いない。

 危機が起きたとき、中居はいつも行動を起こしてきた。

 東日本大震災(2011年)、熊本地震(2016年)では人知れずボランティアに参加。今回の新型コロナでも、医療従事者向けに高級焼肉弁当を差し入れたと報じられた。これまでもチャリティーやボランティアを大切にしてきた中居は、『24時間テレビ』に大きな関心を寄せているのだという。

「日テレ社長は3月時点で『24時間テレビ』を放送すると明言しています。コロナが大変ないまこそ、チャリティーの力を結集できるこの番組が必要だと考えているんです。それは中居さんも同じでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 番組への思い入れも深い。1995年、SMAPがジャニーズ初のパーソナリティーを務めて以降、後輩タレントがそれを受け継いでいる。初の大役からちょうど25年が経った。

関連記事

トピックス