グラビア

グラビア界の巨頭会談 自分の事務所のタレントを守る覚悟

細川ふみえは「ふーみん」の愛称で親しまれた(撮影/山岸伸)

◆ピラミッドの子をよく触ってた

森山:昔言ってたじゃない、うちの子のおっぱい触ったりして「水着は下から入れてもっと上に上げるんだ」とか。この本(本橋氏が上梓した野田氏の評伝『新・巨乳バカ一代』)にも書いてあったよ。

野田:オレ、(森山さんに)1回怒られなかったっけ?

森山:「いじんないでください」って言った(笑い)。

野田:オレはね、ピラミッドの子をよく触ったな。それはね、水着の着け方を教えたの。結局、ほら、オレの水着の選び方っていうのは、小っちゃ目を選ぶんです。胸が大きく見えるから。そうすると女の子が癖で全部こうやって(上に持ち上げるポーズ)水着を上に上げるんですよ。そうしちゃうと大きく見えなくなっちゃう。だから着け方を教えたわけ。

森山:でもね、野田さんね、大変僭越ですけど、もう1回昔の野田さんに戻ってほしいのよ。巨乳(を売り出すこと)やったら右に出る人いないんだもん。

野田:同じ世界で仕事してきて(森山さんと)ぶつからなかったのは、ものの見事にね、女の子の趣味が違うからなの。だから同じことしてるんだけど、バッティングしないのよ。

森山:基本的に巨乳は好きですよ。

野田:やっぱり、みんなに言われるのよ。「もう1回胸の大きな子、売り出して」って。

森山:そう!! まだ若いんですから。

千堂あきほは「学園祭クイーン」として人気に(撮影/野村誠一)

かとうれいこは抜群のスタイルで一時代を築いた(撮影/小澤忠恭)

中條かな子は野球選手の妻に(撮影/渡辺達生)

山田まりやはバラエティでも活躍(撮影/山岸伸)

安西ひろこはアーティストハウスピラミッド所属だった(撮影/山内順仁)

鈴木紗理奈はバラエティ番組で才能が開花(撮影/ハナブサリュウ)

雛形あきこはこの必殺ポーズが得意技(撮影/野村誠一)

熊田曜子は今もグラドルとして活躍(撮影/ハナブサリュウ)

佐藤江梨子は当時18歳(撮影/野村誠一)

【プロフィール】
◆のだ・よしはる/1946年生まれ、広島県出身。サンズエンタテインメント会長。上京後、いくつかの職を経て渡辺プロダクションに入社。いしだあゆみや朝丘雪路、夏木マリらを担当。1980年頃イエローキャブを設立し巨乳ブームを巻き起こした。

◆もりやま・ゆきお/1951年生まれ、東京都出身。アーティストハウスピラミッド代表取締役社長。大学卒業後、ゆうせん企画に入社。1987年に独立しアーティストハウスピラミッドを設立。鈴木紗理奈や熊田曜子などグラビアから多くのスターを輩出している。

●聞き手/本橋信宏(もとはし・のぶひろ):1956年生まれ。ノンフィクション作家。執筆分野はAV、街歩きなど幅広い。昨年、著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作としたドラマ『全裸監督』がネットフリックスにて世界配信され、大きな話題に。野田義治氏が手がけた巨乳ビジネスと芸能界の裏側に迫った新刊『新・巨乳バカ一代』(河出書房新社)が発売中。

※週刊ポスト2020年7月3日号

関連記事

トピックス