芸能

由利麟太郎では田辺誠一が好演 横溝作品の見所は「相棒」

 ドラマ版にも古谷一行金田一×長門勇の日和警部、ハナ肇の等々力警部など、多くの金田一と相棒警部が登場。金田一は、警部からは怪しまれたり、協力を頼まれたりするのがお約束。このパターンは、一昨年、『犬神家』、昨年『悪魔の手毬唄』と加藤シゲアキが演じた金田一の相棒となった橘署長・立原警部補(生瀬勝久)にも引き継がれている。また、横溝正史が生み出した江戸の名探偵を主人公にした『人形佐七捕物帳』は、2016年に要潤主演で久しぶりにドラマ化されている。このときの相棒ともいえる町奉行所与力・神崎甚五郎を演じたのは、小木茂光だった。

 横溝名探偵の相棒には、「顔は強面だが愛嬌がある」「推理力はイマイチ」という共通点がある。由利麟太郎の相棒の等々力・田辺は強面とは言えないが、「初動が遅い!」などと部下には強気。一方で捜索の際に血の付いた衣類に「おお」と後ずさりしたり、大きな長持ちのフタを開ければ指をはさんで「あいたた」となるなど愛嬌はバッチリ。好物はたい焼きだという。もっと出番があってもいいくらいだ。吉川晃司に得意のシンバルキックのごとく、蹴りを入れられたら犯人はひとたまりもないが、その横に三津木とともに等々力アリ! 注目したい。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト