国内

中国からの輸入食品、有害物質残留の危険性 コロナリスクも

中国・北京市の魚市場。食のターミナルでもある市場での感染に恐怖は全世界に広まった(共同通信社)

 日本の豊洲市場で新型コロナウイルスの感染者が出るかもしれない。そう考えざるを得ないニュースが6月12日、世界を駆け巡った。

 中国・北京市の新発地卸売市場で、まな板から新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)が検出されたのだ。輸入サーモンの加工に使われていたそのまな板には、ウイルス保持者の飛沫が付着したものとみられている。

 中国からの魚介類(加工品含む)の輸入量は年間約40万トン(2019年度)。そこでカットされたサーモンが日本へ輸出され、それを水際で見逃したら──どれだけ手洗いを励行していても、食材経由で感染してしまう可能性もある。同じ卸売市場に関連する新型コロナ感染者は200人を超えたと報じられている。

「冷凍された海産品については、ウイルスが長期間生存できる」という恐ろしいデータもあるのだ。

 茹でても炒めてもよく、お弁当のいろどりおかずにも便利で、ジュースの素材としても人気の家庭の味方、にんじんも汚染されている。

 6月15日、厚生労働省が東京と神戸での検疫の結果、中国から輸入されたにんじんから農薬「トリアジメノール」が検出されたことを明らかにしたのだ。残留量は、厚労省が定める基準値を上回っていた。

 食環境衛生研究所マーケティング部の丸橋大志さんが解説する。

「トリアジメノールは殺菌剤として使用される有機含窒素系の農薬です。人に対する影響評価には特筆すべきデータが見当たりませんが、ラットの試験では経口毒性が指摘されています」

 しかも厚労省の発表では、基準値を上回っているにもかかわらず、一部が国内に流通してしまっているという。これは氷山の一角だ。同省によると、今年1月から6月18日までの間に、中国産食品で食品衛生法に違反していたケースは42件もあった。

 最も多く見られたのは「アフラトキシン」の検出だ。

「『アフラトキシン』は、カビによって生成される化学物質で、急性肝臓障害や発がん性が指摘されています。特に発がん性に関しては、国際がん研究機関によるリスク評価で、最も危険性が高いグループに分類されています。カビ毒のため、どこにでも発生して増殖する恐れがあり、やっかいなことに、加熱調理をしても毒性は消えません」(前出・丸橋さん)

◆コロナも影響した

 犠牲者も出ている。2019年8月、中国の杭州で40代の夫婦が食中毒で緊急搬送され、妻が死亡した。夫によると原因は「落花生を食べたことかもしれない」という。病院側は、アフラトキシンによる食中毒の可能性を指摘している。

 そのアフラトキシンが、日本へも入り込もうとしていたのだ。さる流通ジャーナリストが解説する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト