芸能

EXITは公式FC開設 お笑い芸人が取り組むコミュニティ戦略

 その後も、YouTubeでカジサック(キングコングの梶原雄太)さんが根強いファンを獲得。さらにオリエンタルラジオの中田敦彦さんが教育系YouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』で、これまた大成功。彼もオンラインサロン・メンバーとのつながりを強めながら、テレビ以外でのコミュニティ作りで着実に支持者を増やし、収益化につなげているのではないでしょうか」(Aさん)

 一方、EXITだけでなく『第7世代』を牽引する芸人たちの間でも、新しいコミュニティが広がりを見せている。別のお笑いファンBさん(20代女性)が語る。

「たしかに、今の時代、単なる芸人とファンという関係を越えた『コミュニティ』意識というのは重要だと思います。

 たとえば霜降り明星のファンは『おつきちゃん』と呼ばれていて、これは彼らの関西ローカルラジオ番組『霜降り明星のだましうち』(ABCラジオ)発信の言葉です。霜降りはテレビでも活躍していますが、一方YouTube『しもふりチューブ』も、チャンネル登録者数90万人を突破。100万人目前です。

 それに加えて、粗品さんは個人のチャンネルでゲーム配信もしていて、ファンが生配信中にお布施できる“投げ銭システム”(※スーパーチャット)を導入しています。粗品さんはその収益をすべて透析医療に寄付していると聞きました。そのきっかけは、過去にご逝去されたお父さまが人工透析治療を続けていたからだそうです。

 過去には競馬で儲けた115万円をすべて京アニ(京都アニメーション)に寄付したことも知られています。こうした試みから、霜降りファンとゲームファン以外の層にも、彼の活躍を応援するコミュニティは広がっているのではないでしょうか」(Bさん)

 かつてはYouTubeへの参入に及び腰で、どこか遠くから傍観しがちであった芸人たちも、コロナ禍をきっかけに次々とチャンネルを開設するようになった。そうした中で、EXITや霜降り明星のように、ファンとの間に強い“コミュニティ意識”を生み出している芸人たちが、いま強い支持を得ているようだ。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト