• TOP
  • 国内
  • 終戦9年前 クーデターで絶たれた陸軍上層部の「非戦思想」

国内

2020.08.07 07:00  NEWSポストセブン

終戦9年前 クーデターで絶たれた陸軍上層部の「非戦思想」

 だが、そんな渡辺の非戦思想や問題意識が陸軍の内部で共有されることはなく、教育総監に就任してからわずか半年後の二・二六事件で暗殺されてしまったのだった。

「もし渡辺錠太郎が二・二六事件後も生き延びていたら、昭和史は変わっていたかもしれない」といわれる所以である。

●参考資料/岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)、岩倉渡邉大将顕彰会『『郷土の偉人 渡邉錠太郎』(愛北信用金庫編・発行)

関連記事

トピックス