• TOP
  • ビジネス
  • 見直されるマイカー 長距離運転も苦にならない「意外な5台」

ビジネス

2020.08.10 07:00  NEWSポストセブン

見直されるマイカー 長距離運転も苦にならない「意外な5台」

ルノー・トゥインゴ

 ヨーロッパのAセグメントミニカー「トゥインゴ」。日本ではさしずめ軽自動車に相当するクラスで、もっぱらシティコミュータ用途である……はずなのだが、3000kmの長距離ドライブをやってみたところ、これが実に素晴らしいミニカーだったのだ。

街乗りのお洒落ミニカーというイメージだが、「長距離ドライブも苦にならず、まっすぐ走っているだけでも楽しいドライブフィールだった」(井元氏)

街乗りのお洒落ミニカーというイメージだが、「長距離ドライブも苦にならず、まっすぐ走っているだけでも楽しいドライブフィールだった」(井元氏)

 シートは座面の高さと背もたれの2つしか調整機能を持たないのだが、6時間トイレ休憩もなしに連続運転をしても大腿部に鈍痛ひとつ起こらないという、まるで長距離トラックのシートのような出来で、片道500km超のドライブなど朝飯前という感じであった。

 荷室は狭いが2名乗車なら後席シートバックを倒せば長期旅行用の荷物も載せられるし、3名なら後席の片側を荷置き場に使えばいい。エンジンはすべて1000cc以下で、自動車税の恒久減税の恩恵を一番受けられるクラスであるというのも好感度大なポイントだ。

 難点は輸入車ならではの価格の高さで、自動変速機は200万円をわずかに越えてしまう。だが、5速MTのノンターボエンジンなら179万円。ファッション性も考慮するとかなり魅力的と言えるだろう。

シートの調節機能は背もたれの確度と座面高の2つだけだが、「連続して運転していても全然お尻が痛くならない」(井元氏)

シートの調節機能は背もたれの確度と座面高の2つだけだが、「連続して運転していても全然お尻が痛くならない」(井元氏)

関連記事

トピックス