• TOP
  • 国内
  • 「人工肺ECMO」45日目の生還 61歳理容師の壮絶告白

国内

2020.08.26 16:00  週刊ポスト

「人工肺ECMO」45日目の生還 61歳理容師の壮絶告白

ECMOで新型コロナ治療を受けた有村さん

ICUで1か月

 最初に搬送されたO病院では、「僕はその時のことをまったく覚えていませんが、見た目には普通に受け答えをしていたらしい」(有村さん)という。

 その後、O病院で肺機能が衰え、血中酸素濃度が低下して意識を失った後に、第二種感染症指定医療機関であるT病院に移される。そこでも症状の悪化は止まらず、ECMOがある東京都健康長寿医療センターに再搬送された。

「T病院で意識がないままECMO治療が決定した。この判断が少し遅かったら危なかったと聞かされています」(有村さん)

 ECMO治療では「患者を集中治療室(ICU)に受け入れ、呼吸器外科、心臓血管外科、臨床工学技士など多職種が連携したチームが24時間対応する」(東京都健康長寿医療センター担当者)。有村さんにも全身麻酔が施され、眠ったまま1か月以上をICUで過ごした。

「ECMOに繋がれている間はずっとうつ伏せの状態。点滴で栄養は摂りますが、トイレも行けないのでオムツをつけていたそうです」(有村さん)

 関西でECMO治療を行なう医師が語る。

「重篤な患者のECMO治療はうつ伏せで行なうことがある。肺にかかる負担を分散させるなど、様々な理由があります。実際にそのほうが回復に向かいやすい」

関連記事

トピックス