芸能

朝ドラ再開で注目、『あさイチ』『チコちゃん』再浮上なるか

『エール』再開で『チコちゃん』はどうなる?

 長らく再放送が続いていた連続テレビ小説『エール』(NHK)が放送再開されるが、それに伴う注目点がもう1つある。『エール』放送直後に放送されている『あさイチ』(月~金曜)、『チコちゃんに叱られる!』(土曜)の世帯視聴率の行方だ。下がっていた視聴率は回復するのか。民放の裏番組の動向とともに、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 14日、約2か月半ぶりに朝ドラ『エール』の放送が再開します。ネット上には、喜びや期待から、戦時中のシーンが迫っていることへの不安、当初の予定より2週分放送が短くなったことへの嘆きまで、さまざまな声があがっていますが、再開に伴う焦点はそれだけではありません。

 約2か月半、『エール』の放送が中断し、第1話から再放送されている間に下がっていた『あさイチ』『チコちゃんに叱られる!』の世帯視聴率が回復するのか? それともこのままジリジリとさらに下がっていくのか? テレビ業界内で密かに注目が集まっているのです。

『エール』が再放送に入る前、『あさイチ』の世帯視聴率は10%台をキープしつつ、13%台を獲得することもありました。しかし、再放送がはじまった6月29日は9.0%に下がり、8月6日には広島平和記念式典で放送時刻がズレたとはいえ5.9%までダウン。その後も6~8%台を記録するなど、時間帯1位を争っていた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に大きく遅れを取ってしまいました。

 土曜朝に再放送されている『チコちゃんに叱られる!』も、『エール』の再放送に入る前の12~13%台から10~11%台にダウン。「ほとんど下がってないのでは?」と思うかもしれませんが、朝ドラは今春から土曜の放送分は一週間の総集編を放送しているため、言わば「再放送(総集編)から、別の形の再放送に変わっただけ」であるにもかかわらず、世帯視聴率が下がってしまったのです。

『あさイチ』の穏やかなムードは貴重

 両番組が放送されている時間帯は、民放各局が情報番組でしのぎを削る激戦区。各局のテレビマンに話を聞いたところ、やはり朝ドラの再開には注目しているようでした。

 民放の情報番組関係者に話を聞いて、まずはっきりとした傾向が見られたのは、6人中5人が「『あさイチ』はすぐに回復する」と予想していること。『エール』の再放送中も番組内容はいい意味で変わらず、もともと民放各局がワイドショー形式の情報番組で競い合う中、生活情報中心の構成で差別化できているだけに、「再浮上しない理由は見当たらない」という見方だったのです。

 また、MCたちによる恒例の“朝ドラ受け”への期待感は大きいだけに、『エール』の再開が視聴率回復をうながすことにつながるでしょう。民放各局の情報番組は、コロナ禍の長期化で重苦しいムードが続いているため、『あさイチ』の穏やかで明るいイメージは、むしろ秋以降、強みとなる可能性は十分ありそうです。

一方、『チコちゃんに叱られる!』に関しては、土曜朝の再放送が10%台後半の高水準を記録していた時期もありましたが、昨秋には10%台前半に留まっていました。加えて今春、「朝ドラの土曜放送が総集編(再放送)になった」ことで再び下がりはじめ、「コロナ禍による撮影中断で第1話からの再放送がスタート」した7月以降はさらに下がっているという背景があります。

 そのため、前述した民放の情報番組関係者6人全員が、「番組のパワーがかつてほどはなく、ジワジワと下がっているのではないか」とみていました。「むしろこれまでが盛り上がり過ぎていただけで、現在の数字くらいが普通」「視聴率が下がっても変えずに続けることが大切な番組」という見方もあるものの、再浮上を狙うのであればテコ入れ策が求められる時期なのかもしれません。

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン