ビジネス

コロナ時代の人気店 行列の「待ち時間」をどう推定すべきか

Go Toトラベルの東京追加も予定されており、再び人の移動が活発になる

Go Toトラベルの東京追加も予定されており、再び人の移動が活発になる

 もちろん、客はその店がどれぐらい混むか、店にやって来るまでわからない。また、他の客がどのくらい来店するかもわからない。この場合、店の混み具合はどの程度に落ち着くだろうか。客の身になって考えてみよう。

 来店して心地よく感じた客は、また来たいと思うだろう。一方、混雑で不快に感じた客は、次の来店をしばらく見送ろうと考えるかもしれない。すなわち、混み具合が定員の6割までだったときの客は、次回もすぐに来たいと思い、6割以上だったときの客は、しばらく来たくないと考えるはずだ。

 もし客がみな、前回体験した心地よさや不快感だけを頼りに、まったく同じ来店行動をとるとしたら、この店の混み具合は、毎日、乱高下することになる。たとえば、

「前回心地よく感じた人は、必ず翌日来店する」
「不快だと感じた人は、必ず1週間空けたうえで来店する」

 といった法則に従うとすると、混み具合は激しく上昇したり下落したりする。しかし、客が確率的に行動するとしたら、どうなるだろうか。

 前回心地よく感じた人は、翌日、高い確率で来店する。不快に感じた人は、翌日、低い確率でしか来店しない。このように、確率的に前提を置いてみると、店の混み具合は徐々に座席数の6割に収れんしていく。実際に、実証実験を行ったところ、そのような結果が出たという。

 ただし、これはあくまでアメリカの、とあるバーの話だ。コロナ禍以前、日本の飲食店では、客の入り具合が人気のバロメーターとなっていた。人気の高い店ほど、いつも満席となっていて、入り口には入店待ちの人が溢れ返っている光景があった。

 しかし、ウィズコロナ時代となって、客が3密の回避を意識するようになると、様相は大きく変わってくる。店内が閑散としてはいないが、かといって密でもない。そうした適度な混み具合が、心地よく感じられるようになる。そうなれば、このエルファロル・バー問題と同様、さまざまな飲食店の混雑率は、やがて6割程度に落ち着くようになるかもしれない。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン