ライフ

「辞書にある言葉じゃ足りない」作家・岸田奈美の原点とは

“noteの女王”と呼ばれる話題の作家・岸田奈美さん

 昨年、文字や動画を投稿できるコンテンツプラットフォーム「note」で、日常の出来事を綴ったエッセイが瞬く間に話題を呼んだ、今注目の作家・岸田奈美さん(29才)。そのエッセイをまとめた初の著書『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』が9月23日発売されると、初日から多くの書店で売り切れが続出し、即日重版がかかる人気ぶりとなっている。なぜこれほど多くの人が岸田さんの言葉に魅了されるのか、本人に話を聞きその理由を探った。

 約束の時間より少し早く訪ねると、既に到着していた岸田さんは、元気いっぱいの柔らかな笑顔で迎えてくれた。ふわりとカールしたロングヘアーに、鮮やかなブルーのワンピースを着た彼女は、著書の文体から受けるどこかコミカルな印象とは違い、しなやかな女性の魅力が感じられる。それでいて、軽妙で温かな語り口は、彼女の書く文章そのものだ。

 エッセイでは、ブラジャーの試着の話から、車椅子生活になった母親のこと、障害を持つ弟のことまで、岸田さんの周りで起こるさまざまな出来事が綴られている。独特の表現で語られる彼女の言葉に触れると、思わず笑みがこぼれ、気が付けばほろりと泣けてきて、不思議と温かい気持ちに包まれる。そんな彩り豊かな世界観と言葉の力を持つにもかかわらず、専業の作家になったのはつい最近。それまでは会社員だったという。

「自分でも、まさか書くことを仕事にするとは思っていませんでした。作家になる前は、ミライロという、障害を価値に変えるコンサルティングを行うベンチャー企業で広報の仕事をしていました。大学1年の頃から創業メンバーとして10年間務めてきましたが、会社が大きくなって仲間が増えてきたことや、ある時うつ状態になって休職を経験したこともあって、『このまま会社員をしていて良いのかな』とぼんやり考えていました。

 そんな時、Facebookで書いていた日記を読んだ何人かの人が、『岸田さんは文才があるから、もっとちゃんと書いた方がいいよ』と言ってくれたことがあって、きちんとした形としてストックできるnoteで書いてみようと思ったんです。昨年の6月にアカウントを開設して、8月に最初の記事として、ブラジャーを試着した時の話を書きました。“一発面白いのを書こう”くらいの軽い気持ちだったのに、思いがけず沢山の人に読んでもらえたんです」(岸田さん・以下同)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン