• TOP
  • 国際情報
  • 「放火魔」vs「暗殺テロ集団」アメリカの分断は末期症状に

国際情報

2020.10.13 07:00  NEWSポストセブン

「放火魔」vs「暗殺テロ集団」アメリカの分断は末期症状に

森林火災はアメリカ社会にまで延焼している(AFP=時事)

 ミシガン州の事件も捜査と裁判を待たなければ真相はわからないが、大統領選挙で右派と左派が激しく罵り合うなかで、「左派の放火テロ」と「右派の暗殺テロ」が互いに非難の的になっている(森林火災に関しては今のところデマと言うべきだが)状況は、アメリカ社会がいかに分断され、社会の病巣が深いかを物語っている。

 現代のアメリカの分断は、イデオロギーの対立というより、貧富の格差が生んだものだ。筆者は、クリントン夫妻やブッシュ元大統領(子)、トランプ氏と同世代で、同じ時期にビジネススクールやロースクールで学んだ。その後、1980年代は金融とベンチャーの時代で、ウォール・ストリートの天才たちが、次から次へと新しい金融商品を作って黄金時代を築いた。ベンチャーは雨後の筍のように乱立し、そのなかからビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズのような成功者が生まれた。筆者もいくつもの起業に関わり、金融の知識や経験を積んで必死に働いた。それは華やかで楽しい時代であったが、国中が狼の群れのようにカネを追いかけ、ついていけない者たちは脱落して、最後には埋められない大きな格差を残した。

 4年前、すでにその病巣ははっきりしていたが、国民は格差是正を訴えたヒラリー・クリントン氏ではなく、金持ちや大企業を優遇するトランプ氏を大統領に選んだ。そしていま、右派と左派が互いを「無政府主義者の集団だ」と非難し合っているのである。アメリカ国民は、今こそ自分自身と国家のあるべき姿を問うべきではないだろうか。

関連記事

トピックス