• TOP
  • 国内
  • 佳子さま、紀子さまと深い溝 叱責受け「あらぬ言葉」で応戦

国内

2020.10.18 07:00  女性セブン

佳子さま、紀子さまと深い溝 叱責受け「あらぬ言葉」で応戦

秋篠宮さまや紀子さまも心配しておられるが…(撮影/JMPA)

“サークルや部活には入らない方がいい”

 佳子さまは一時「美しすぎるプリンセス」と評され、普段は皇室に関心を持たない人たちからも“アイドル級”の人気を博し、注目を集めていた。しかし、それが一転、いまでは批判的な声が少なくない。その背景には、いまの秋篠宮家に吹く逆風がある。長女の眞子さまと小室圭さんのご結婚問題がいっこうに解決しないことで起きた向かい風。だが、それもようやく動き出そうとしている。

「秋篠宮さまが皇嗣となられることを示す『立皇嗣の礼』の開催が11月8日に決まりました。その後、伊勢神宮(三重県)への参拝など、一連の行事が落ちついた頃には、眞子さまのご結婚について何らかの発表があるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 眞子さまのご結婚が動き出し、宮家への逆風も止まる──しかし一方で、佳子さまと紀子さまの間には、深い溝が生まれているという。その原因は、冒頭でも触れた「ダンス」だ。

「佳子さまは高校時代にダンスに夢中になられ、大学でもダンススクールに通われました。ですが、紀子さまはそうしたご活動に対して、あまり快く思われなかったようです」(別の宮内庁関係者)

“皇族とはいえ、子供たちは好きなことをやるべき”という秋篠宮さまのお考えのもと、秋篠宮家はプライベートを尊重する教育方針だとされる。そうしたなかでも、紀子さまが佳子さまのダンスに否定的になられたのには理由がある。

「眞子さまの“プライベート写真流出”が原因です。2011年、眞子さまが大学時代に所属されていたスキー部の合宿中、男性とのツーショット写真や、お酒が並んだテーブルの横でピースサインをする写真が明るみに出ました。

 紀子さまは、それをトラウマのように感じられたそうです。娘たちのプライベートへの関与を強くされ、“写真などが出るくらいならサークルや部活には入らない方がいい”と、大学に入学された佳子さまにサークル活動を禁止されたそうです」(別の皇室ジャーナリスト)

 そうして、希望されていたダンスサークルでの活動を“禁止”された佳子さまは、学外での活動として前出のダンススクールに通われるようになった。しかし、かえってそれが大きく報じられ、ハレーションを生んでいった。

 以前からプライベートを巡り、おふたりは度々ぶつかってこられたという。

「紀子さまは佳子さまの公務の服装だけでなく、私服や髪形について指摘されることが多かったと聞きます。高校時代にはスカートの丈を巡って、激しい言い争いになったこともあるそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

関連記事

トピックス