• TOP
  • 芸能
  • 宮迫博之が懺悔「佐々木希ちゃん、渡部建を推してすまん!」

芸能

2020.11.13 16:00  NEWSポストセブン

宮迫博之が懺悔「佐々木希ちゃん、渡部建を推してすまん!」

宮迫が語った

宮迫が語った

 宮迫博之の公式ユーチューブチャンネル『宮迫ですッ!』で「週刊誌記者対談」が公開された(11月7日)。その対談相手として白羽の矢が立ったのが、元『週刊文春』記者でフリージャーナリストの赤石晋一郎氏だった。取材手法から情報源まで、“逆取材”を受けた赤石氏が、改めて宮迫をインタビュー。闇営業騒動後の心境からYouTuberとしての懐事情、そして渦中の“あの芸人”へのメッセージまで、今度は赤石氏がじっくり話を聞いた。

 * * *
 まず去年の闇営業騒動では多くの方にご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。僕はいまYouTubeを中心に活動していますが、思い返せば、あの騒動がなければこのジャンルに進出することはなかった。それまではテレビレギュラーの仕事をこなすだけでスケジュールに余裕がなかったし、新しいことを始めるにも年齢的にも難しかった。

 いろんなマイナスの出来事があって、結果的にYouTubeに行き着いたのですが、新しい世界でヒカルくん(チャンネル登録者400万人を誇る人気YouTuber)とか、勢いのある若い人と知り合うことができた。これも何かの縁なのかな、と思います。本来、出会うことのなかった人たちと出会って、命をかけて取り組んでいる姿を見て、すごく刺激を受けました。いま若手の頃の自分、すごくギラギラしていたときの自分に戻ってきている感じがしています。

 動画の作成は毎回真剣勝負です。なかでも「メントスシャンパン」の企画は辛かった。ソフトキャンディの『メントス』を炭酸飲料に入れると激しく吹き出します。それをシャンパンでやって、その噴射を空中で吊るされた僕が顔で受けるという企画でした。あまりに噴射が激しくてホンマに鼻が取れたかと思いました。ホンマにあきません。でも楽しい。

 シャンパンがビシャー!となったときに、はじめは思わず頭を避けてしまった。でも動画を確認すると、無意識に頭を戻して、顔で受けにいってるんですね。ムッチャ痛かったのに、自分で受けに行っているわ、まだまだ芸人根性が残っているな、と我ながら嬉しかった(笑)。芸人としてベテランになって、テレビでは司会の仕事ばかりだった。でも、芸人としての感覚はまだ残っていたんだなと、自分でもホっとした。

関連記事

トピックス