• TOP
  • スポーツ
  • 元代表MF鈴木啓太が腸活ベンチャー アスリートの便集める

スポーツ

2020.11.15 07:00  女性セブン

元代表MF鈴木啓太が腸活ベンチャー アスリートの便集める

(写真/時事通信社)

アテネ五輪でゴールを決め、選手らと抱き合って喜ぶ鈴木啓太さん(左から3人目)(写真/時事通信社)

「最初にお願いしたのは、のちにラグビー日本代表として昨年のワールドカップでも大活躍した松島幸太朗選手(27才)でした。最初こそ『何、言ってるんですか?』と引き気味でしたが、ほとんど強制的に協力していただきました(苦笑)。やんわりと拒否されることもありましたが、その後もいろいろなツテをたどって、さまざまな分野のアスリートに協力をお願いしました」

 努力のかいあって、箱根駅伝を沸かせた長距離ランナーの神野大地選手(27才)、プロ野球ヤクルトの嶋基宏選手(35才)らトップアスリートの協力が相次ぎ、今年4月時点で集めたうんちは700人分を超えた。世界的にもこれだけの規模の検体はない。

「調べてわかったのは、アスリートの腸内は、一般の皆さんに比べて腸内細菌の種類が多く、かつ酪酸菌と呼ばれる免疫力を司る腸内細菌の含有率が高いということ。つまり、酪酸菌を増やせば、免疫力が上がる。こうした研究結果をサプリメント開発に活かして販売などを行っています。最初は誰も見向きもしない分野でしたが、この5年で浸透してきました。腸内の研究はまだまだこれからの分野です。今後はアスリートだけでなく、一般の人々にも研究の成果を届けたいですね」

 腸活に励む人々が口をそろえるのは、「腸を整えると人生まで整う」ということだ。俳優の窪塚洋介(41才)はインスタライブで、新型コロナウイルスには「ワクチンより腸活」と断言した。雑誌『ヌメロ・トウキョウ』のインタビューでは、次のように腸活を絶賛している。

《腸がすっきりしていると頭がクリアになるし、ポジティブやネガティブという性格も腸内細菌が関係している。“性格=運命”だとすると、腸は運命までも司っている臓器です。ってことは、もはや腸は宇宙ですよ》

 なぜ腸にはそこまでの力があると感じたのだろうか。腸は、地球上に生命が誕生した際、最初にできた臓器とされる。一説によると、腸は約40億年前、脳は約5億年前にできたとされ、腸が生命活動の根幹を担ってきたことがわかる。

関連記事

トピックス