母の半生を自問自答

 戸田は高校生になると、仕事の関係で単身での上京を決断する。これでそれぞれが別に暮らすことになったが、戸田は破かれた家族写真のように、バラバラとは感じなかった。

「これで誰も不公平じゃない。やっと対等な関係になれたと喜んでいたようです。ただ戸田さんは仕事も忙しくなり、まだ高校生ということもあって、しばらくしてお母さんが身の回りの世話をするために上京しました。その後は、一緒に暮らしたこともあるし、近くで別々に暮らしたこともある。でも基本的には二人三脚の関係を続けていました」(前出・戸田の知人)

 母親の協力もあって、仕事は軌道に乗って行く。『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系/1988年)の声優で知名度を上げると、その後、女優として本格デビューする。『ショムニ』(フジテレビ系/1998年)、『ちゅらさん』(NHK/2001年)など人気ドラマに出演するバイプレーヤーとして開花していった。一方で、故郷で暮らす父親のことを戸田は忘れることはなかった。

「お父さんに会いに、たびたび“実家”に戻っていたようです。戸田さんの中では、父も母もイーブンという考えが強く、お母さんとの距離が縮まった分、忙しくてもお父さんとも会うようにしていたようです」(前出・戸田の知人)

 家族とは、ほどよく距離感を保つもの。そんな感覚が、彼女の中に根付いてしまっていたのかもしれない。戸田は2度、自分の家族を持ったことがある。1度目は1980年の23才のときで、同じ声優の男性と結婚するも4年で離婚。2度目の相手は、1990年に結婚した俳優の井上純一(62才)だった。

「井上さんの実家を訪れたとき、なんとも言えない思いになり、胸が押しつぶされそうになったそうです。家族が互いに遠慮することなく、自然に振る舞っている。食卓には多くの食器が並び、それぞれ座る場所が決まっている。それは、戸田さんが初めて目の当たりにした“普通の家族”だったのでしょう」(芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

一門はどうなるのか(左から香川、團子、猿翁、猿之助、段四郎。2011年撮影/共同通信社)
「市川猿之助」の名跡はどうなる? 市川團子が引き継ぐのが既定路線、襲名までは市川團十郎が後見人か
週刊ポスト
天海祐希(写真左/時事通信フォト)と市川猿之助(写真右)
《番宣キャンセル》天海祐希、滲み出る怒り “猿之助騒動”で映画『緊急取調室』ギリギリの公開判断迫られ「せっかくの絆が…!」瀬戸際の18日間
NEWSポストセブン
市議会で議長をつとめていた父・正道氏と青木容疑者
【長野立てこもり】“議長の父の後援会長”だった第一通報者の告白「政憲は、俺の目の前でブスッて…『殺したいから殺しただけだ』って」「父親は事件を聞いて崩れ落ちた」
NEWSポストセブン
悪評が広がり続けている日本維新の会の梅村みずほ参議院議員(時事通信フォト)
「ハンスト発言」騒動の維新・梅村みずほ議員 3年前に有権者に送っていた謝罪メールの「おかしな日本語」
週刊ポスト
市川猿之助は罪に問われる可能性は?
市川猿之助は罪に問われるのか “心中で生き残ったケース”は情状酌量により起訴されない場合も
週刊ポスト
エンゼルス・ネビン監督は大谷翔平とどんな会話をするのか?(提供:LosAngelesAngels)
【独占レポート】エンゼルス・ネビン監督が明かす大谷翔平の凄み「彼がこなすルーティーンより厳しくできる選手はいない」
週刊ポスト
ラッパー・呂布カルマ
グラドル好きの最強ラッパー呂布カルマ、風吹ケイをプロデュース グラビア撮影直後に語り合った「ぎゅうぎゅうの迫力」
NEWSポストセブン
紀子さま(時事通信フォト)
上皇ご夫妻とあわやニアミス! 紀子さま「隠密行動」の京都路でなぜか「見られなかったもの」
NEWSポストセブン
どうなる山川穂高
【強制性交容疑】山川穂高、書類送検で対応に追われるテレビ局 オフの「WBC特番」源田壮亮が代役か
週刊ポスト
帰宅ラッシュの駅に悲鳴が(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【喫茶店で発砲、血の海に】町田・六代目山口組系組員射殺事件、事件直後の凄惨映像が出回る
NEWSポストセブン
花田虎上の元妻・花田美恵子さん(本人のインスタグラムより)
【激変の今】若乃花の元妻「元花田美恵子さん」激ヤセ、身長も縮み「顔が違う」インスタに驚きの声
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 野球まつり!大谷取材&江夏vs江川対談ほか
「週刊ポスト」本日発売! 野球まつり!大谷取材&江夏vs江川対談ほか
NEWSポストセブン