• TOP
  • 芸能
  • 戸田恵子、破かれた家族写真公開 冷めた家族観と両親の介護

芸能

2020.11.15 07:00  女性セブン

戸田恵子、破かれた家族写真公開 冷めた家族観と両親の介護

(撮影/小彼英二)

かつて2度の離婚を経験している戸田恵子

 厚労省の調査によれば、未成年の子供がいる夫婦の離婚は、離婚全体の58.1%を占めている。親の都合で人生が一変した子供たちは、さまざまな選択をしながら生きている。離れ離れを選んだ、戸田恵子(63才)の家族物語──。

 父さんと母さんが離婚して、11才の女の子の家は2つになった。でも女の子は、泣きわめいたりはしない。父さんと母さんは泣いても、女の子は泣かない。

「大人が泣いたら、私は泣けない」

 親の都合で環境の変化に直面した少女は、揺れ動く心でひとり現実を冷静に受け止め、成長していく──子供の視点で親の離婚を描いた『お引越し』(福音館書店)は、1990年に発売された児童図書で映画化もされている。

 大人びた振る舞いで、子供の心にふたをした少女。この主人公のような半生を送ってきた女優がいる。戸田恵子だ。10月18日、戸田は突然、自身のブログに『しゃしん』とのタイトルで、こう綴った。

「家族写真は、ビリビリに破かれた写真を繋いだ1枚だけ」

 戸田も中学生の頃に両親が離婚している。彼女も涙を見せず家族がバラバラになることを受け止めた。冷めた「家族観」の持ち主ともいえる。だが、今年に入り、その家族観に変化が出始めたようにも見える。戸田がブログで明かした、たった1枚の家族写真に込められた物語とは──。

 戸田は1957年、愛知県に生まれた。恵子という名は、淡路恵子さん(享年80)の大ファンだった父親が名付けた。母親のすすめで小学5年生から劇団に在籍すると、子役として活躍した。一家が暮らしていたのは、三軒連なった長屋で、その建物はもう残っていない。当時の隣人が懐かしそうに振り返る。

関連記事

トピックス