• TOP
  • 芸能
  • 山下達郎&竹内まりや夫妻 38年目の異変「卒婚ってどう?」

芸能

2020.11.26 19:00  女性セブン

山下達郎&竹内まりや夫妻 38年目の異変「卒婚ってどう?」

中華料理店で食事

中華料理店で食事

「この旅館は竹内さんにとって特別な場所で思い入れも強い。でもここ4~5年ずっとトラブル続きだったようです。長年、竹内さんのお兄さんが旅館を切り盛りしていたんですが、従業員とのトラブルや経営不振の責任をとる形で辞任。竹内さんの姪っ子のお婿さんが引き継ぐ形になったのですが、それも長く続かず……。

 竹内さんは金銭の支援はもちろん、実質的にはオーナーのように再建に向けて力を注いでいました。彼女の尽力があり、旅館は立て直しに成功。いまは以前にもましてにぎわっている状況です。今回のことで金銭や相続にまつわることなど煩わしいことも多かったようですよ。娘さんが旅館の役員に就任したり、老後についても改めて考えるきっかけになったようです」(前出・竹内の知人)

 還暦をすぎて直面した実家の旅館トラブルとその解決。さらに一人娘の自立も重なった。

「娘さんも30代半ばをすぎて仕事も充実しているようで、本当に安心してみていられる年齢になったんだと思いますよ。娘さんは若いときは、両親の影響を受けて、音楽に夢中になり、バンドを組んでいたりもしましたが、美大の日本画科を卒業後、イラストレーターに。最近は個展を開くほどで、作品を精力的に発表しています」(前出・竹内の知人)

 竹内と同様、山下も最近はひとりの時間を楽しむことが増えたという。

「記念日などは一緒に過ごしますが、それぞれ飲みに出かけたり、趣味に費やす時間については干渉しなくなっていったようです。そんななか、新型コロナも重なり、竹内さんの中で“もう一度表舞台でたくさんの人に自分たちの音楽を届けたい”という情熱がふつふつと湧いてきたようです」(前出・竹内の知人)

 11月下旬の夜、都内の高級中華料理店にふたりの姿があった。お互いにモノトーンの服装で、旬の上海蟹などを味わったという。

 65才で転機を迎えた竹内。夫婦のかたちは永遠に同じではない。変化しながら、その絆を深めていくのかもしれない。

※女性セブン2020年12月10日号

背が高くスラッとした竹内(右)

背が高くスラッとした竹内(右)

振り返り声をかける竹内

振り返り声をかける竹内

夫・山下達郎との間柄を「大親友」と表現した

夫・山下達郎との間柄を「大親友」と表現した

互いにモノトーンの服装

互いにモノトーンの服装

関連記事

トピックス