ビジネス

介護崩壊に怯える現場 コロナで職員の離職に歯止めかからず

需要増でも事業存続危機にある介護業界(イメージ)

需要増でも事業存続危機にある介護業界(イメージ)

 介護保険法が施行されて以来の20年で、2020年は「老人福祉・介護事業」倒産が過去最多を記録したと東京商工リサーチが報じた。もともと介護については、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる年に限界がやってくる「2025年問題」で介護崩壊が怖れられてきたが、新型コロナウイルスによって、5年早い2020年に崩壊しそうなほどバランスが崩れてしまった。ライターの森鷹久氏が、悲鳴をあげる介護現場の声をレポートする。

 * * *
「とにかく人がいない、すでにこれまで請けていた仕事を断っているような状況。時給を上げるなどして対応していますが、はっきり言って『崩壊している』と言ってよい状況です」

 千葉県内でデイサービス事業を営む伊藤良典さん(仮名)の会社では、介護スタッフ不足が深刻化し、コロナ前より事業規模を縮小させた。もともと慢性的に人が足りない状態ではあったが、今は事業停止すら考えるほどだという。需要が右肩上がりであるにも関わらず、だ。

「感染したら嫌だ、ということでスタッフの3分の1にあたる人たちが辞めてしまったことが一番のきっかけですね。濃厚接触はするな、密を作るなと言われていますが、介護職はそんなこと言っていられない。中には、高齢の利用者にウイルスをうつしたくないということで辞めていかれたスタッフさんもいます」(伊藤さん)

 こうした現状は、当然利用者側にも混乱を招いている。

「夫が職場内でコロナに感染も症状はほぼなし。ホテルで10日間程度療養しただけなのですが、デイサービスを利用していた義父が、施設側から利用を拒否されました」

 東京都内在住のパート・本田まり子さん(仮名・40代)は、夫が職場でコロナに感染したことを理由に、同居する義父(80代)のデイサービス利用を断られた。普段の義父は、平日は朝から夕方までデイサービスを利用。コロナ禍になって以降は家庭内で家族との接触を極力減らすなどしており、夫との「濃厚接触」もなかったが、施設側は「万が一のことがある」として、義父の利用を認めなかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト