思い出のマンションから引っ越し

思い出のマンションから引っ越し

 竹内さんが亡くなって2か月が過ぎ、中林と子供たちは現実を受け入れ、前を向いている。

「引っ越しはマンションの改修によるもので、竹内さんが亡くなる前から予定していたことのようです。ただ、まさか3人での新居探しになるとは思っていなかったでしょう‥‥竹内さんが存命の頃と比べて世帯収入はかなりダウンします。新しいマンションの家賃も決して安いわけではありません。中林さんは、今後、より仕事に精を出していくでしょうし、製薬会社を経営する彼の実家や所属事務所からの支援もあると思いますが、息子さんたちの成長に伴って物入りになりますからね……」(芸能関係者)

 その中林は、10月中旬、竹内さんの個人事務所の代表取締役に就任した。悲しみを乗り越え、いま3人での父子生活が始まる──。

※女性セブン2021年1月7・14日号

仕事へ向かう中林

仕事へ向かう中林

中林

車の横で佇む中林

中林

グレーのスタイル

中林

腕組みをする中林

中林

車から顔を出す中林

関連キーワード

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン