• TOP
  • 芸能
  • コロナで危篤だったハチミツ二郎、妻励ましてくれたサンド伊達に感謝

芸能

2021.02.02 16:00  NEWSポストセブン

コロナで危篤だったハチミツ二郎、妻励ましてくれたサンド伊達に感謝

コロナ闘病について語ったハチミツ二郎

コロナ闘病について語ったハチミツ二郎

 毎日のように投稿されていた、ハチミツ二郎(46才、東京ダイナマイト)のTwitterのツイートが2020年12月12日でぴたりと止まり、27日まで空白が続いた。新型コロナウイルスに感染し、救急搬送され、8日間意識不明になっていたのだ。入院から回復するまでの経緯、回復後も悩まされる症状、そして、入院中に家族を気遣ってくれたという人気芸人のことなどについて本人に聞いた。

――昨年12月14日、救急搬送に至るまでの経緯を教えてください。

ハチミツ:この日、咳が出るのに加えて、体温が39度まで上がってしまったので、もしかしてコロナかもしれないと思いました。主治医に電話をしたら、安静にして翌日までに熱が下がるなら急いでPCR検査はしなくていいと言われたんですね。それで寝ていたんですけど、体内酸素濃度を測るパルスオキシメーターが88%に下がってしまって。90%を切ったら重症だと聞いていたので、もう一度主治医に確認したら、コロナとは関係なく、急いで救急車を呼んでくださいと言われました。

 酸素濃度が低下しているのに、まったく苦しくなかったんですよ。急死する原因のひとつだと言われている「ハッピー・ハイポキシア」だったようです。パルスオキシメーターで測らず翌日まで寝ていたら、死んでいたかもしれません。

――なかなか受け入れ先の病院が決まらなかったそうですね。

ハチミツ:救急隊員のかたが迅速に動いてくれました。めぼしをつけてから電話をして、ダメだったらすぐに別の病院に電話して、と手際よくしてくれたので、4か所くらい断られましたが、30分ほどで病院に着きました。そんなに“たらいまわし”という感覚ではなかったし、コロナかもしれない人を「うちへどうぞ」と受け入れる病院の方が少ないはずなので、この対応には感謝しています。

――病院に着いてから、どんな処置を受けたのでしょうか。

ハチミツ:病院に着いたときはコロナの疑いがあるため中には入れなくて、通路側にある小さな保健室みたいなところで採血をしました。まだPCR検査はしていないけども、肺炎の疑いも強いということで、人工呼吸器を入れることと、場合によっては首に穴をあけて血を循環させる処置が必要かもしれないと説明を受けました。そのとき、麻酔をされていたので、そのあたりから記憶がありません。

関連記事

トピックス