芸能

萩本欽一が語る亡妻・澄子さん 唯一のデートは畑を歩いた10分間

家族についてはほとんど語ってこなかった(写真提供/佐藤企画)

家族についてはほとんど語ってこなかった(写真提供/佐藤企画)

初めて大学を休んだ

 スミちゃんにがんが見つかったとき、ぼくは駒澤大学に通ってた。病院から「検査の結果をお知らせしたい」っていう連絡があったのは、定期試験の前の週で、講義に出ないと試験を受けられない。

 大学は一日も休まずに行ってたんだけど、その日に初めて休んだ。全部出席しなかったら単位は取らないって決めてたから、その講義は翌年また再挑戦することになる。でも、ぼくは今までスミちゃんのために、何かしたことなかったから。

 ぼくと息子たちの前で、先生は「よくない結果でした」と話してくれた。本人にも、さすがに「あと半年」とは言わなかったけど、先生に伝えてもらった。「がんでした。いっしょにがんばって戦いましょう」って。

 そしたら「ハイ、大丈夫です、先生」って力強く答えてた。

 結婚してからずっと、スミちゃんは「男は仕事が大事。家のことなんて気にしないで」と言い続けていた。強がりでも何でもなくて、心からそう思って、自分のスタイルを貫いた人だった。

 三男が生まれたときに、二宮町(神奈川県)の海の見える山の上に家を建てた。ぼくは東京で何本もテレビ番組を抱えて、たまにしか帰れない。でも、たまに帰って子どもと遊んでると、スミちゃんは「無理しなくていいから」って言うんだよね。「ぜんぜん楽しそうじゃない。いい父親の真似事なんてしなくていいから、笑いのこと考えてなさい」って。

 仲が悪かったわけじゃないよ。でも、デートは一度もしたことがない。いつだったか買い物に行くついでに、畑の中を10分ぐらい腕を組んで歩いた。「もういいでしょ」なんて言われながら。それが唯一のデート。

 奥さんというより、「頼りになるお姉さん」だったんだよね。何より、3人の息子の「立派なお母さん」でいてくれた。ぼくにとっては「理想の奥さん」でしたね。

【インタビュー・構成】
石原壮一郎(いしはら・そういちろう)/1963年三重県生まれ。コラムニスト。「大人養成講座」「大人力検定」「恥をかかない コミュマスター養成ドリル」など著書多数。

※週刊ポスト2021年2月12日号

「奥さんというより、頼りになるお姉さんだった」

「奥さんというより、頼りになるお姉さんだった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト