芸能

室井滋 自粛中に自宅で実践した「糸電話」を絵本に取り入れる

aa

女優・室井滋さん(左)と絵本作家の長谷川義史さん

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、人が自由に会うことも簡単ではなくなってしまった。そんな世の中となったいま、大切な人を想う気持ちを伝える絵本が話題を呼んでいる。女優・室井滋さんが文を、絵本作家・長谷川義史さんが絵を描いた『会いたくて会いたくて』は発売するや、たちまち重版が決定した。

『会いたくて会いたくて』は、小学生の男の子・ケイちゃんと、離れて暮らす大好きなおばあちゃんの心の交流を描いた物語。室井さんが絵本の原作を書き始めたのは、昨春のことで、4月7日に緊急事態宣言が出され、ステイホームによって外出もままならなくなったなか、構想が生まれたという。

 室井さんと長谷川さんは、室井さんの自伝的絵本『しげちゃん』シリーズでコンビを組むなど何冊も共同で絵本を作ってきた。さらに、『しげちゃん』の発売を記念して「しげちゃん一座」を結成し、以来、全国で絵本ライブを行っている。

 一座はサックス・フルート・篠笛担当の岡淳さん、ピアノ・マジック担当の大友剛さんとの4人組で絵本の朗読やオリジナルの楽曲を中心に披露。長谷川さんを人形に見立てて室井さんが腹話術をするなど、楽しいステージは子供にも人気となっている。

 これまでは年間30ステージほど行ってきたが、コロナ禍で開催できない日々が続いていた。それでも最近では、座席の間隔を空けるなど制約がありながらも徐々に開催できるようになってきたそうで、生の朗読でこの絵本を届けられる機会を室井さんも心待ちにしている。

「朗読を前提として絵本を書くとどうしても文字が多くなってしまうのだけど(苦笑)、この本は、ケイちゃんの絵日記を登場させたり、糸電話を通じて時間を遡ったりと、読み聞かせをしても文章量が気にならないと思います。絵本にあわせて、新しい曲も作る予定です。長谷川さんと私で歌詞を作って、大友さんと岡さんに曲を作ってもらって、絵本ライブでは朗読とあわせて皆さんに聴いてもらえたらいいなって」(室井さん)

一緒に住んでいるおじさんと糸電話で会話した

 なぜおばあちゃんと孫の物語にしたのか。その理由を「私自身がすごくおばあちゃん子だったから」と室井さんは明かす。祖母とは大学進学で上京するまで同居していたという。

「私が生まれた当時はじいちゃんもばあちゃんもいて、賑やかな家庭で育ったんです。家で商売をやっていたので親戚や商店街の敬老会のご老人なども寄り集まって、身近にお年寄りがたくさんいました。まず年長者の話に耳を傾ける富山の土地柄もあって、お年寄りに対して特別な気持ちがありましたね。

 ばあちゃんはとても物知りで、“しげちゃん、今年は百舌が高い枝にカエルを引っかけたからきっと大雪になるよ”なんて言うと、その通りになる。百舌が冬の保存食を木に突き刺す高さで降雪量が予想できるんだそうです。そんなふうに生活の知恵やしきたりなど、様々なことを私に教えてくれました。

 ばあちゃんは私が東京へ出てきているときに老人ホームへ入って、そこで亡くなっているんですが、いまでもずっと一緒にいる感覚があるというか、ばあちゃんの温もりや匂い、やさしい声や笑い顔をすごくはっきり覚えているんです。だから、“会いたくても会えない大切な人”と考えたときにも、私の頭に真っ先に浮かんできたのは、ばあちゃんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン