芸能

テリー伊藤が明かす『サンジャポ』アナたちが“あかぬけた”瞬間

テリー伊藤氏が『サンジャポ』歴代アナを振り返る(撮影/高橋定敬)

テリー伊藤氏が『サンジャポ』歴代アナを振り返る(撮影/高橋定敬)

 担当する番組で日々真剣勝負を繰り返す女子アナたち。共演者だけが知っている素顔がある。長年続く日曜朝の情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)の初期からコメンテーターを務めるテリー伊藤氏が、歴代アナを振り返った。

 * * *
 女子アナは大変だなって思うんですよ。野球選手がルーキーで3番、4番を打つように、新人でもいきなり人気番組を任される。プレッシャーだけど生き甲斐でもあり、続けるうちに女子アナから“女性アナ”へと成長していくんだよね。

 今の『サンジャポ』の山本(里菜)も、最初は苦労したと思います。アナウンサーはトークが盛り上がっていても、カットインして次のコーナーに行かなきゃならない。話に水をさすようで、新人には難しいですよね。彼女の前には(田中)みな実や吉田(明世)がいたから、最初はつくり笑顔や、無理にキャピキャピしている印象もあった。でもここ1~2年は表情が変わりました。自分なりの方法が見えてきたのか、もしくは写真誌に男と撮られて吹っ切れたのかもしれない(笑い)。

 俺がこういうこと言うから、アナウンサーは俺に悩みなんて相談しないけど、吉田は結婚後も俺の自宅に遊びに来てくれるくらい仲が良い。万人に好かれるタイプで、(杉村)太蔵さんとよく、「結婚するなら明世ちゃんだな」って話しました。

 真逆なのが田中みな実(笑い)。「嫌いなアナウンサー」1位にも選ばれたけど、彼女には逆手に取るしたたかさがあった。だから共演者として喋りやすかったです。当時、本番直前に「彼氏とまだ付き合ってる?」なんて言っても、普通に返事して、スタッフもみんな笑ってましたからね。フリーになって写真集を出版した決断も、その道に進むと決めた彼女の逞しさを感じます。

 フリーといえば、TBSを辞める前に『サンジャポ』に出てくれていた宇垣(美里)さんには「媚びない良さ」があった。もう少し長く、キャラが定着するまで共演できていたら……とも思うけど、感性を磨いて媚びない良さを伸ばしてほしいね。

 田中みな実がアナウンサーの価値観を変えたように、これからの時代は色々な女子アナがいていいんです。振り返ると、『サンジャポ』最初の小倉弘子さんは「バリキャリ」でどんな職業でもこなせそうと思った。青木裕子はほわ~んとしているようで、いちばん真面目に原稿を読んで準備していた。だから、それぞれ爆笑問題と信頼関係ができていたと思います。面倒見がいいから、長年のMCの責務としてこれからも女子アナを育ててほしいね。俺は、好き勝手に喋ってますから(笑い)。

【プロフィール】
テリー伊藤(てりー・いとう)/1949年、東京都生まれ。コメンテーターやディレクターとして数々の人気番組に携わる。

※週刊ポスト2021年3月12日号

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン