国内

がんステージIVの23才女性「私がたとえ死んでも」壮絶出産の全記録

ステージ4の大腸がん診断を受けた後に結婚式を挙げた遠藤和さん(2019年12月)

ステージ4の大腸がん診断を受けた後に結婚式を挙げた遠藤和さん(2019年12月)

 19才で出会った彼と、22才で結婚し、翌年出産。屈託のない笑顔で娘のことを語る彼女は、至って普通の若いママだ。ただ、彼女は21才でステージIVのがん宣告を受けた──命がけの出産を決意した彼女は、その胸中を日記に克明に書き記していた。

【2021年2月17日(水)】
〈使える薬が減るのって本当命削られてる気になるんだよね。コレが命綱だから。この薬たちが効かなくなったら、もう治療法はない。死を待つだけになる。次の薬がどのくらい効き続けてくれるか。今回の薬は4か月しか効かなかったから〉

 青森市在住の遠藤和(のどか)さん(23才)は、ステージIVの大腸がんを患う。夫・遠藤将一さん(29才)のサポートを受け、この2月中旬は県立病院で、抗がん剤治療を受けた。

「朝一で採血をします。約1時間後に結果が出たら診察を受け、問題がなければ治療が始まります。ベッドが30台ほどずらっと並ぶ抗がん剤治療用の部屋で、6時間ぐらい横になって点滴を受けるんです」(和さん・以下同)

 和さんの胸元には、ポートと呼ばれる“薬剤タンク”が埋め込んである。

「通院時に、胸元に針を刺して体内のタンクに薬剤を補充します。帰宅後、48時間かけてゆっくり体の中に抗がん剤が入っていく仕組みです」

 抗がん剤治療は複数の薬剤を組み合わせて行われる。抗がん剤はがん細胞を攻撃するが、同時に正常な細胞にも影響を与え、それが副作用として表れる。治療後は、その副作用と闘う日々が続く。

「ひどい倦怠感で起きていられず、吐いてしまうことも珍しくありません。倦怠感は1週間ほど続きます。トイレ以外は横になっていることしかできません。ご飯も食べたくないし、水分も摂りたくないんです」

 抗がん剤の効果は人それぞれで、しばらくはその薬剤が効いたとしても、治療を続けていくうちに「薬剤耐性」がついて効果が減少することがある。

「主治医の先生から“薬を変えましょう”という提案があり、2月22日からこれまでとは別の抗がん剤を使った治療が始まりました。新しい抗がん剤はのどがしびれてしまうので、冷たいものが飲めない。しんどいです」

「お母さんがいない子になる準備と覚悟ができるなら」

【2021年2月17日(水)】
〈今日の(娘の)健診は行けないと思ってたから、行けて嬉しかった。娘の成長を1番感じられるのはこの健診な気がする。そろそろ離乳食も始めようかっ!! たのしみにしてたの。食育!! なんでも食べられるようになってほしいけど、それよりも食事を楽しんでほしいな〉

 病院へ行ったその足で、娘の健診へ――和さんは、生後半年の女の子の母親だ。

「初めてのBCGワクチン接種で、娘は大号泣でした。頑張ってえらかった! 注射後はしばらくグズグズしてたけど、抱っこで寝てくれました。いまでは抱っこするだけで肩と腰がバキバキになります。この前まであんなに小さかったのに(笑い)。うれしいような、寂しいような……子育てってすごくあっという間なのかな」

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン