ストイックな点が常田と似ているというemma

ストイックな点が常田と似ているというemma

 ふたりの共通点は超がつくストイックなところだという。

「常田さんが過去のヒット曲をとことん研究し、緻密に楽曲制作に取り組むことはよく知られていますが、その姿勢はemmaと似ている。彼女もファッションのことを勉強するために自費でパリコレに参加。最近は女優業にも進出し、去年は映画『妖怪人間ベラ』でベラを演じました。この春でファッション誌『vivi』の専属モデルを卒業し、今後の活動がさらに注目されています。彼女も人気急上昇中なんですよ」(前出・ふたりの知人)

 向上心の強いふたりはやがて惹かれ合い、交際に発展するのだが、多忙ゆえ、なかなか会えない日々を送っている。さらに、周囲に積極的に関係を明かせない事情もあった。その一因となったのが、2020年4月に写真週刊誌で報じられたメンバーの井口とアイドルの交際だ。

「交際報道後、SNS上には、『ショックで寝込みそう』、『交際を隠してほしかった』などのコメントが相次ぎました」(芸能関係者)

 その様子を見た常田はツイッターに心情を吐露した。

《例の報道が予想以上の騒ぎになってるらしく驚いた。いつからそんな応援のされ方になっちまったのか》

「常田さんは、“おれたちはアイドルじゃない。音楽だけで判断してほしい〟という思いが強い。しかし、自分たちに女性ファンが多いことも理解している彼は、彼女たちが離れていってしまうことも想像し、ここ最近は葛藤していたようです。本心は交際を隠したくないようですけどね」(前出・音楽関係者)

 たとえ世間がどう反応しようとも、ふたりが互いを高め合う最高の存在であることに変わりはないはずだ。

※女性セブン2021年4月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン