芸能

芝翫の長男・中村橋之助、元乃木坂46女優と4連泊 二股疑惑に答えた

焼肉店で食事をした後、指を絡ませ能條(右)の家に向かう橋之助

焼肉店で食事をした後、指を絡ませ能條(右)の家に向かう橋之助

“プリンス”はわが世の春を謳歌していた。中村芝翫(55才)と三田寛子(55才)の長男で、「歌舞伎界のプリンス」と称される中村橋之助(25才)は現在、4月23日から始まる舞台『サンソン -16世の首を刎ねた男-』の稽古中だ。18世紀のフランス・パリを舞台にした歴史劇で、橋之助はギロチンで死罪となる悲劇の王・ルイ16世を演じる。

 舞台で演じる悲壮な役柄とは一転、現実の彼はここ最近 舞台の稽古を終えると、うれしそうな笑みを浮かべながら、足早に稽古場を後にするのだった。

 3月下旬のある日。小走りで稽古場を後にした橋之助は、そのまま自分の車に乗り込むと、東京・新宿で同年代の美女と落ち合い、高級焼肉店へ。食事を終えて店を出たふたりはしっかりと腕を組み、女性の自宅へと向かった。

 翌日、その家から稽古に向かった橋之助は、稽古後にまたしても女性宅に“帰宅”。玄関先で部屋着のまま彼を迎えた女性は満面の笑顔を見せた。さらにあくる日は、お互いの指を絡ませる恋人つなぎで、別の高級焼肉店へ──。

 女性宅に4連泊した橋之助のお相手は、アイドルグループ乃木坂46の元メンバー、能條愛未(26才)。2012年に乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動を始めるも2018年に「女優になりたい」との夢を叶えるためグループを卒業し、現在は舞台やミュージカルなどで活躍する。

 歌舞伎界のプリンスと元アイドルの連泊愛。通常なら初々しいカップル誕生と祝福されるはずだが、これは芝翫一家の“崩壊”を意味するものだった。

「気になるのは、橋之助さんのお母さんである三田さんの心中ですよ。これまで彼女は度重なるアクシデントにもめげず、一家をまとめあげてきましたが、最近はやり手の彼女でも予想できない出来事ばかり。橋之助さんの熱愛発覚も三田さんにはショックのはずです……」(梨園関係者)

「あみちゃん」「くにちゃん」

 若いふたりの急接近に時間は必要なかった。橋之助と能條は、今年1月11日から大阪・梅田芸術劇場で開かれたミュージカル『ポーの一族』で共演。不老不死の少年エドガーと少年アランの友情を描く不朽の名作では橋之助が医師クリフォードを、能條がその婚約者ジェインを演じた。ふたりには「大の宝塚ファン」という共通項があった。

「幼い頃から宝塚に連れて行かれていた国生くん(橋之助の本名)は、2018年に観た『エリザベート』に感激して宝塚にドハマりしました。一方の能條さんも宝塚OGの紫吹淳さんの大ファンという“ヅカガール”。

『ポーの一族』は宝塚公演をベースとしたミュージカルでふたりとも最初からテンションが高く、しかも役どころが婚約相手のため一緒に稽古する時間が多かった。すぐに『あみちゃん』『くにちゃん』と呼び合い、打ち解けるのに時間はかかりませんでした」(舞台関係者)

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト