芸能

芝翫の長男・中村橋之助、元乃木坂46女優と4連泊 二股疑惑に答えた

焼肉店で食事をした後、指を絡ませ能條(右)の家に向かう橋之助

焼肉店で食事をした後、指を絡ませ能條(右)の家に向かう橋之助

“プリンス”はわが世の春を謳歌していた。中村芝翫(55才)と三田寛子(55才)の長男で、「歌舞伎界のプリンス」と称される中村橋之助(25才)は現在、4月23日から始まる舞台『サンソン -16世の首を刎ねた男-』の稽古中だ。18世紀のフランス・パリを舞台にした歴史劇で、橋之助はギロチンで死罪となる悲劇の王・ルイ16世を演じる。

 舞台で演じる悲壮な役柄とは一転、現実の彼はここ最近 舞台の稽古を終えると、うれしそうな笑みを浮かべながら、足早に稽古場を後にするのだった。

 3月下旬のある日。小走りで稽古場を後にした橋之助は、そのまま自分の車に乗り込むと、東京・新宿で同年代の美女と落ち合い、高級焼肉店へ。食事を終えて店を出たふたりはしっかりと腕を組み、女性の自宅へと向かった。

 翌日、その家から稽古に向かった橋之助は、稽古後にまたしても女性宅に“帰宅”。玄関先で部屋着のまま彼を迎えた女性は満面の笑顔を見せた。さらにあくる日は、お互いの指を絡ませる恋人つなぎで、別の高級焼肉店へ──。

 女性宅に4連泊した橋之助のお相手は、アイドルグループ乃木坂46の元メンバー、能條愛未(26才)。2012年に乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動を始めるも2018年に「女優になりたい」との夢を叶えるためグループを卒業し、現在は舞台やミュージカルなどで活躍する。

 歌舞伎界のプリンスと元アイドルの連泊愛。通常なら初々しいカップル誕生と祝福されるはずだが、これは芝翫一家の“崩壊”を意味するものだった。

「気になるのは、橋之助さんのお母さんである三田さんの心中ですよ。これまで彼女は度重なるアクシデントにもめげず、一家をまとめあげてきましたが、最近はやり手の彼女でも予想できない出来事ばかり。橋之助さんの熱愛発覚も三田さんにはショックのはずです……」(梨園関係者)

「あみちゃん」「くにちゃん」

 若いふたりの急接近に時間は必要なかった。橋之助と能條は、今年1月11日から大阪・梅田芸術劇場で開かれたミュージカル『ポーの一族』で共演。不老不死の少年エドガーと少年アランの友情を描く不朽の名作では橋之助が医師クリフォードを、能條がその婚約者ジェインを演じた。ふたりには「大の宝塚ファン」という共通項があった。

「幼い頃から宝塚に連れて行かれていた国生くん(橋之助の本名)は、2018年に観た『エリザベート』に感激して宝塚にドハマりしました。一方の能條さんも宝塚OGの紫吹淳さんの大ファンという“ヅカガール”。

『ポーの一族』は宝塚公演をベースとしたミュージカルでふたりとも最初からテンションが高く、しかも役どころが婚約相手のため一緒に稽古する時間が多かった。すぐに『あみちゃん』『くにちゃん』と呼び合い、打ち解けるのに時間はかかりませんでした」(舞台関係者)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン