芸能

『ドラゴン桜』阿部寛 パチンコで生計の「不遇の時代」と才能の開花

 1994年、阿部寛は『大阪極道戦争』と主演作『凶銃ルガーP08』での演技が認められ、第4回日本映画プロフェッショナル大賞の特別賞を受賞している。1990年代後半にかけては演じる役柄の幅も広がり、NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』など時代劇でも活躍するようになっていった。

 さらに2000年代に入ると、女優の仲間由紀恵とコンビを組んだドラマ『トリック』(テレビ朝日系)がヒット。自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして劇中で使用するほか、体は大きいものの肝っ玉の小さい理系の学者という三枚目の役柄を見事に演じ切り、2014年にシリーズが完結するまで好評を博した。

 そんな阿部寛が俳優として業界からも一目置かれる存在となったのは2008年のことだったと寺脇氏は言う。

「『トリック』で有名になった阿部寛さんが、日本を代表する俳優として業界の中でも認められるようになったのは2008年。『青い鳥』と『歩いても歩いても』で毎日映画コンクールの男優主演賞を受賞したときでした。映画業界ではキネマ旬報ベスト・テンと並ぶ価値ある賞です。

 特に『青い鳥』での演技が評価されたことは大きい。『歩いても歩いても』は樹木希林や原田芳雄など名優が多数出演していましたが、阿部さんが中学校の教師役を務めた『青い鳥』では、主な共演者は中学生役の子供たちでした。つまり、阿部寛という俳優が一本の映画を成立させる力を持っている、ということがハッキリとわかったのがこの作品だったんです」

 2005年に放送された『ドラゴン桜』から16年。続編では“日本を代表する俳優”へと成長を遂げた阿部寛が主演を務めることになる。寺脇氏は続ける。

「『青い鳥』で賞を獲ってから、阿部寛さんは円熟味が出て演技に深みが増していきます。『ドラゴン桜』の続編でも、16年前の第1シリーズとは異なる円熟した魅力を発揮するでしょう。原作の漫画の中でも時間が経過していますが、それをどう阿部寛さんが演じるのか見ものです」

『ドラゴン桜』で阿部寛は高校生に受験指導を行う元暴走族の弁護士役を演じている。教師役を務めた『青い鳥』で見事な演技を披露したように、『ドラゴン桜』でも阿部寛という才能が作品を牽引することは間違いなさそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン