芸能

昭和女性ポップス座談会・前編 半田健人が選んだ「先駆者的」名曲

aa

左からさにーさん、田中稲さん(PC画面)、半田健人さん

 近年、海外の音楽ファンから注目されているのが、1970~1980年代に日本の音楽シーンを席巻した「シティポップ」だ。中でも、竹内まりや『PLASTIC LOVE』(1984年)や松原みき『真夜中のドア~stay with me』(1979年)といった女性アーティストによる楽曲の人気が高い。

 そこで、昭和ポップスをこよなく愛する、俳優・歌手の半田健人さん、昭和歌謡ライターの田中稲さん、ウェブサイト『昭和ポップスの世界』を運営するさにーさんに、「昭和女性ポップス・マイベスト10」をセレクトしてもらった。そのランキングを受けての座談会を開催。まずはそれぞれの6位から10位を紹介する。

■半田健人さんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:伊東ゆかり『グリーン・ジンジャー・フライング』(作詞:ジェリー伊藤、作曲・編曲:東海林修/1971年)
2位:弘田三枝子『マイ・メモリィ』(作詞・作曲:弘田三枝子、編曲:鈴木宏昌/1977年)
3位:いしだあゆみ『バイ・バイ・ジェット』(作詞:橋本淳、作曲:細野晴臣、編曲:萩田光雄、細野晴臣/1977年)
4位:和田アキ子『私夢を見るの』(作詞・作曲:石津善之、編曲:馬飼野俊一/1973年)
5位:あべ静江『長距離電話』(作詞:藤公之介、作曲:佐藤健、編曲:林哲司/1977年)
6位:小川知子『別れてよかった』(作詞 : なかにし礼、作曲・編曲 : 川口真/1972年)
6位:由紀さおり『ヴァリーエ』(作詞:山上路夫、作曲:S・リタルド、編曲:渋谷毅/1971年)
6位:麻生よう子『逃避行』(作詞:千家和也、作曲:都倉俊一、編曲:馬飼野俊一/1974年)
6位:岡崎友紀『グッドラック・アンド・グッドバイ』(作詞・作曲:荒井由実、編曲:萩田光雄/1976年)
6位:桑江知子『Mr.Cool』(作詞:佐藤奈々子、作曲・編曲:小林泉美/1980年)

【プロフィール】
半田健人さん/俳優・歌手。1984(昭和59)年生まれ。『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)で初主演。2014年に『せんちめんたる』をCD&LP同時発売。2017年全曲自宅録音『HOMEMADE』リリース。作曲家、タレントとして活動。ラジオ『林哲司・半田健人 昭和音楽堂』(SBS静岡放送、日曜21時~21時30分)に出演中。

■田中稲さんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:岡田奈々『青春の坂道』(作詞原案:中司愛子、作詞:松本隆、作曲:森田公一、編曲:瀬尾一三/1976年)
2位:和田アキ子『古い日記』(作詞:安井かずみ、作曲・編曲:馬飼野康二/1974年)
3位:五輪真弓『恋人よ』(作詞・作曲:五輪真弓、編曲:船山基紀/1980年)
4位:谷山浩子『まっくら森の歌』(作詞・作曲:谷山浩子、編曲:乾裕樹/1985年 NHK『みんなのうた』初出)
5位:大貫妙子『黒のクレール』(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一/1981年)
6位:泰葉『フライディ・チャイナタウン』(作詞:荒木とよひさ、作曲:海老名泰葉、編曲:井上鑑/1981年)
7位:山口百恵『絶体絶命』(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:萩田光雄/1978年)
8位:大場久美子『エトセトラ』(作詞:小林和子、作曲・編曲:萩田光雄/1978年)
9位:中島みゆき『ファイト!』(作詞・作曲:中島みゆき、編曲:井上堯之/1983年)
10位:高田みづえ『硝子坂』(作詞:島武実、作曲:宇崎竜童、編曲:馬飼野康二/1977年)

【プロフィール】
田中稲さん/昭和歌謡ライター。1969(昭和44)年生まれ。大阪を拠点に活動する昭和歌謡ライター。ほかにも、ドラマ、NHK紅白歌合戦、懐かしブームなども得意テーマとしている。著書に『昭和歌謡 出る単 1008語』(誠文堂新光社)など。CREA WEBにて『田中稲の勝手に再ブーム』、DANROにて『いつも心にぼっち曲』を連載中。

■さにーさんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:森田公一/1972年)
2位:岩崎宏美『思秋期』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:三木たかし/1977年)
3位:ペドロ&カプリシャス『ジョニィへの伝言』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一/1973年)
4位:ちあきなおみ『夜へ急ぐ人』(作詞・作曲:友川かずき、編曲:宮川泰/1977年)
5位:しばたはつみ『マイ・ラグジュアリー・ナイト』(作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:林哲司/1977年)
6位:渡辺真知子『かもめが翔んだ日』(作詞:伊藤アキラ、作曲:渡辺真知子、編曲:船山基紀/1978年)
7位:大橋純子『サファリ・ナイト』(作詞:竜真知子、作曲・編曲:佐藤健/1978年)
8位:原田知世『天国にいちばん近い島』(作詞:康珍化、作曲:林哲司、編曲: 萩田光雄/1984年)
9位:河合奈保子『ラブレター』(作詞:竜真知子、作曲:馬飼野康二、編曲:若草恵/1981年)
10位:能瀬慶子『アテンション・プリーズ』(作詞:喜多條忠、作曲:浜田省吾、編曲:船山基紀/1979年)

【プロフィール】
さにーさん/1992(平成4)年生まれ。1970〜1980年代のヒット曲の情報サイト『あなたの知らない昭和ポップスの世界』を運営。昭和ポップスの魅力を伝えるため、ラジオやテレビにも出演。『らじるラボ』(NHKラジオ第1)で、『さにーのZOKKON!昭和ポップス』(毎月第2・第4金曜午前10時半~11時)を担当。

関連記事

トピックス

女性宮家が創設され、結婚すると「圭殿下」となる可能性も(2017年9月、東京・港区=撮影/JMPA)
小室圭さん帰国で眞子さまと結婚進展へ、注目される「懐事情」は
NEWSポストセブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
「変異株」が次々に現れる…(時事通信フォト)
ミュー株に対抗できるワクチン量産には2年必要か 変異株に翻弄…
週刊ポスト
眞子さま
眞子さまの結婚準備 小室家側は一切やらず、結局動くのは宮内…
女性セブン
ベテラン政治家がガチンコ評定(時事通信フォト)
自民党OB17人「私が総裁に推す人物」調査、1位は河野太郎氏
週刊ポスト
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
帰国する小室圭さん、アメリカ留学費用1000万円超はオール借金か
NEWSポストセブン
海の向こうではふたりに好意的なまなざしも(時事通信フォト)
眞子さまの一途な愛、若い世代は肯定的 「プリンセスの矜持」…
週刊ポスト
綾瀬はるかと税理士
綾瀬はるか、母が巻き込まれた投資トラブルに怒り心頭 名前を…
女性セブン
パワハラ疑惑の伊集院光
「お前、降板スレスレだからな」伊集院光、新井アナへのパワハ…
女性セブン
(時事通信フォト)
眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる…
女性セブン
綾瀬はるか
綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラ…
女性セブン
30年前からそりが合わなかった?(時事通信フォト)
高市早苗氏が30年前、立民・蓮舫氏と並んでテレビ司会をしていた…
NEWSポストセブン
フワちゃん
フワちゃん&伊沢拓司、疑惑深まる2人の関係 同じ車で「あいの…
女性セブン
輝く50歳、平子理沙
平子理沙「奇跡の50歳」、吉田栄作・再婚報道当日のピンク髪姿
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
「週刊ポスト」本日発売! 医者と病院の拝金・怠慢ほか
NEWSポストセブン