芸能

向井理と国仲涼子夫妻 束の間の休日に公園で見せた「父と母の顔」

家族での和やかなお出掛け

家族での和やかなお出掛け

 4月20日に放送がスタートしたドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演中の向井理(39)と妻で女優の国仲涼子(41)が、東京都内の公園で子供たちと一家団欒する姿が目撃された。

 向井が出演する『着飾る恋~』は、インテリアメーカーの広報で、インスタグラムのフォロワー数約10万人を誇るインフルエンサーとしての顔も持つ26歳のOL・真柴くるみ(川口春奈・26)がひょんなことから年齢や価値観もバラバラの5人とルームシェアをすることになり、背伸びをしていた生活を見直し“自分らしさ”を見つけていく──というストーリー。

 ここで向井が演じるのは、川口が勤めるインテリアメーカーの社長で、彼女からひそかに思いを寄せられる役どころだ。

「飄々としているが、サラリと仕事ができ、川口の仕事ぶりも優しく見つめる社長を演じています。現実にこのような完璧な社長が存在するのかと思えるような役どころですが、向井さんが演じるとリアリティを持つところに彼の演技の魅力があります」(キー局ドラマ関係者)

 向井といえば、2010年放送のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫役で出演して大ブレーク。その後もドラマ『S -最後の警官-』(2014年、TBS系)や、『神の舌を持つ男』(2016年、TBS系)などで主演してきたが、最近では脇役としても光る演技を見せている。

 その演技への向き合い方の変化には、妻の国仲との結婚が影響しているという。

「向井さんは2014年に国仲さんと結婚し、現在では2児の父。仕事と家庭のバランスを取るため、拘束時間が非常に長くなってしまう主演作よりも、脇役としても存在感を示すことができる仕事を中心に考えているようです。コロナ前も仕事が終わってから飲みに行くことは少なく、撮影が終わるとほぼ毎日直帰して家族との時間を大切にしていたようです」(前出・ドラマ関係者)

 実際、過去のインタビューでは「嘘や隠し事はしないほうですね。僕、家に帰ったら、家族にその日にあったことを全部話すんですよ。今はドラマの現場と家の往復の毎日ですし、健全な生き方をしようと思ってます」(『週刊女性』2020年2月18日号)と語り、家族思いの一面を見せている。

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン