あさのますみさん

遺品を整理することで自身の悲しみと向き合ったという

 遺品を整理することで自身の悲しみとも向き合ったことで、「改めて彼のことを知りたい」という思いが生まれ、鬱病に関する本を読み耽り、机の引き出しに入れた遺書の写しを繰り返し読んだ。そうした作業をするうち、あさのさんは「私は勘違いしているのではないか」と思うようになったという。

「それまで彼は身勝手に死を選んだと思っていたけど、鬱の関連書を読むうちに少しずつ“これは病気なんだ”と理解するようになりました。鬱状態の時の心の落ち込みは精神だけでなく、体も蝕むことを知ったんです。それに遺書を丹念に読むと、彼が一生懸命に病気と闘い、自分の心を浮上させようとしていたこともわかった。彼は決して死にたかったのではなく、すごく生きようとしていました。それでも鬱になると、たぶん人は本当にささいなことで発作的に死を選んでしまう。頭のなかは宇宙より広いと言われますが、ひとりの人間が死を選ぶ過程は、どれだけ他人が追いかけてもわからないものなのでしょう」

 時間が経つとともに彼の置かれた状況を理解するようになったあさのさんは、自らの心と向き合い、旅立った彼への思いを『逝ってしまった君へ』という一冊にまとめた。この本は、彼に対して、また彼と同じように苦しむ人や、遺されて苦しむ人に向けられた「祈り」であるとともに、大切な人を突然失ったあさのさんがその死に戸惑い、悲嘆にくれ、もがきながら、新しい一歩を踏み出すまでのプロセスを描いた一冊だ。

 悩みや苦しみは人それぞれで、軽々しく「これだ」と決めつけて助言することはできない。それでも、「彼に対して言いたかったことがあります」とあさのさんは語る。

「落ち込んでいると『私の周りには誰もいない。私は誰にも愛されていない』と思ってしまうけど、全然そんなことはないんです。誰も自分の背中を見ることができないように、あなたの人生の全貌は、あなた自身には決して見えません。それこそが希望なのだから、どんなときも落ち込む必要はなく、自分を追い込みすぎないでほしい――私はそう彼に伝えたかったけど間に合わなかった。だから本を通して、そんな思いがいま彼のように苦しんだり、悩んだりしている人に少しでも届くといいなと思います」

 かけがえのない人との突然の別れにどう向き合うべきか。あさのさんが悲しみの果てにたどりついた言葉の数々は、そのひとつの道を照らしている。

◆プロフィール
あさのますみ。1977年秋田県生まれ。2007年『ちいさなボタン、ブッチ』にて第13回おひさま大賞童話部門最優秀賞を受賞。絵本作品に『アニマルバスとパンやさん』(こてらしほ/絵、ポプラ社)などがある。浅野真澄名義で『クローズアップ現代+』(NHK)のナレーションを務めるなど声優としても活躍。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日午前8時~翌日午前8時)

あさのますみさん

『逝ってしまった君へ』を上梓したあさのますみさん

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン