芸能

石橋貴明&鈴木保奈美、離婚は仕事に影響?「2人にとってプラス」との見方

結婚会見を行う石橋貴明と鈴木保奈美(写真/時事通信社)

結婚会見を行う石橋貴明と鈴木保奈美(写真/時事通信社)

 7月16日、とんねるずの石橋貴明(59才)と鈴木保奈美(54才)が離婚を発表した。かたやお笑い界のビッグネーム、かたや大物女優というビッグカップルは23年間連れ添ったが、石橋は離婚の理由について、自身のYouTubeチャンネルで、「子育てが一段落した」「今後は所属事務所社長と所属俳優として新たなパートナーシップを築いていく」と説明した。離婚は2人の仕事にどのように影響するのか?

 2人が結婚したのは1998年のこと。石橋も鈴木も再婚で、当時、石橋は複数のレギュラー番組を抱える超売れっ子、鈴木は連続ドラマのヒロインとして高視聴率を連発するトップ女優だったが、結婚を機に鈴木は表舞台からしばし姿を消した。

「自由奔放なキャラクターで知られる石橋ですが、家庭では束縛するタイプのようです。結婚と共に鈴木は家庭に入り、2011年に鈴木が女優活動を再開した際には、“撮影が長引いても自宅に帰る”“夕方には必ず連絡を入れる”という条件を出し、鈴木はそれが不満だったようです」(ドラマ関係者)

「共演者と仲良くするな」”と石橋が言っていたとも報じられており、2018年に『SUITS』(フジテレビ系)で、27年ぶりに織田裕二との共演が実現した際には、石橋を刺激するのではないかと周囲まで神経質になっていたともいわれる。

 そこまで“やきもち”を焼くぐらいなら別れなくても……という気もするが、『女性セブン』は昨年9月、鈴木が都内の超一等地に3億円を超えるマンションを購入していたことを報じており、着々と離婚の準備は進んでいたようだ。冒頭でも記したように、今後は「夫婦」から「事務所社長と所属俳優」という関係になる2人。石橋は10月に還暦を迎えるが、離婚は仕事にはむしろプラスと見られている。

「虎の子のレギュラー番組だった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が2018年に終了し、『とんねるずは死にました』と語った石橋ですが、昨年6月に開設したYouTubeチャンネルの登録者数は166万人(7月19日時点)と、芸能人トップクラス。離婚発表でも登録者数は増えました。

 石橋は、たとえ相手が年上でもグイグイとツッコミを入れ、聞きにくいことを聞き出すスタイルですが、自らのプライベートについてはほとんど明かさなかった。特に妻の話は基本的にタブーでした。しかし独身になったことで、封印していた女性がらみのトークが可能になりますし、かつて十八番だった、女優や美女タレントをイジりつつ口説くような芸も見せられます。確実に芸の幅は広がるわけで、メリットは大きいでしょう」(エンタメ誌記者)

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン